メガネなゲームレビュー

メガネが生活に必須なゲームフリークが、ゲームレビューと様々なゲーム情報をアップしていくブログだったのは過去の話。

楽天ブックスで予約して、

発売日の18日に届く予定だったのに…

今朝(昼前)、郵便受けに投函されてました。

ディアブロⅢ(遅)
廉価版『ディアブロⅢ』。

はっきり言って、今やるべきソフトじゃない!!!

当時はまさか12月がこんなに忙しくなるとは思わなかったので予約したんですけどね、プレイする時間ないですから。゜(´Д`)゜。

ゲームするとしても優先順位は
メガテンⅣ ファイナル⇒ルーンファクトリー4⇒ディアブロⅢorグラディウスⅡorPS版FFⅤorセガ3D復刻アーカイブスファイナル(22日到着予定)orワイルドガンズ リローデッド(リリース後購入予定) めがみめぐり同時進行

という、かなり入り乱れたものになっていて、ひょっとしたらパッケージ開封するの春になるんじゃね? と危惧しております。。。

まあこのソフトは中古で出回ってもあまり値下がりしないと思うので、新品で購入したデメリットはあんまりないかな、とは思ってますが。オンラインプレイする気ないのでプレイ人口減っても影響ないですし。 


そう言えば、PS StoreでVita版『 エビコレ+ アマガミ』が1,500円(税込)のセールが始まったので、Vitaをお持ちの方でアマガミ未プレイの方は如何でしょう。クリスマスを舞台にした恋愛アドベンチャーなので今プレイするのにピッタリ!
下記にPS2版のレビューリンクを貼っておきます。

『エビコレ+ アマガミ』レビュー

このゲームは本当に良くできていて、ジュブナイルアドベンチャーゲームとしても楽しめるのでおススメです!
確か2年前のクリスマスイブの日に、このゲームをプレイ中に母親から電話がかかってきたことは今でもトラウマ…。と、いうか舐められてるな…。まあ私、お付き合いしても長続きしないタイプなんで、イブにデートなんて縁がないでしょうね(爆笑)


と、言うわけで今日はこの辺で。 


Amazonゲームランキング
 

どうも!!
師走とういうことで何年かぶりに忙しくさせてもらっているふじまろです。

昨日はゲームソフトの発売ラッシュでしたね~。
その中で私は基本プレイ無料の3DS用配信ソフト、『めがみめぐり』をダウンロードしてみました。

序盤のストーリーを画像をたっぷり交えて追っていきながら、現時点での感想を書いていきたいと思います。
ネタバレになるので、見たくない人は注意してくださいね!


主人公は、夢の中で長く使った物に宿る神、「ツクモ神」の声を聞きます。お日様のように皆を照らすような神になりたい、そんな願いの声を。

そしてこの方に夢の中で半分起こされます。
めがみめぐり
でっけぇおさげ。
めがみめぐり1
アマテラスオオミカミ…? 私の知っているアマテラス神は白い狼みたいな格好をしているんですが…。
めがみめぐり2
これが願いを言っていたツクモ神。まだ名前がないのでこんなぷよぷよみたいな形状。
まずプレイヤーの名前を教えてあげます。
めがみめぐり3
凄いのは発音のパターンが選べること。アクセントをどこにおくかで、大体3パターンの中から選べます。私は初期の発音が違っていたので、2番目のパターンを選びました。
めがみめぐり4
そしてこのツクモ神に名前を与えてあげると、このような人型の姿になります。デフォルトネームは「ツクモ」。私はデフォルトが決まっていると滅多に変えない主義なのでこのままの名前にしました。ちなみに発音ももちろん選べます。
姿は変わり、生まれ変わることが出来ましたが、ツクモはまだ人間の言葉は喋れません。
ちなみに左におわすちっこい方はアマテラス神です。このようなキュートな姿にも変身できるとは流石…。しばらくはアマテラス神が通訳してくれることになります。
めがみめぐり5
そこでアマテラス神から、ツクモに色々な言葉を教えてあげ、一人前の女神になるまで育ててあげるように、と告げられます。

願ってもねえよ!!!
 頼まれなくてもやってやらあ!!!!!!
めがみめぐり6
この姿で名前を言われると少々土器ッとします。 
めがみめぐり7
朝の挨拶の言葉を教えてあげると、こんなにこやかな顔で言ってくれます。
めがみめぐり8
ここでアマテラス神から「神衣」という、いわゆるコスプレ衣装をプレゼントされます。これを着ると、ツクモのステータスがアップします。
何でツクモにステータスの概念があるのかと言いますと、立派な女神になるためには「神格試験」という試験に何度かパスする必要があり、そこではステータスパラメーターの値が合否を左右するからです。
めがみめぐり9
くるくる変わるツクモの表情を見ているだけでも楽しめます。愛着も湧いてきますね。 
めがみめぐり10
これが神格試験。合否を左右するのはツクモのステータスですが、プレイヤーが「応援」して手助けすることもできます。
めがみめぐり11
応援方法は下画面でお題の言葉を文字が書かれたマスの中から選び、タッチすると言うもの。制限時間があるので、素早く見つける必要があります。
ちなみに応援できる回数は決まっていて、ツクモのステータスに合わせて苦手な分野に集中して応援する、なんてこともできます。
めがみめぐり12
試験が終わるとリザルト画面が出て合否の判定が出されます。
一番最初の試験なのでこんな結果でも合格できます…。 
めがみめぐり13
最初の試験に合格したものの、ツクモはまだ人間の言葉をしゃべれないため、プレイヤーとコミュニケーションをとる際に不便なので、翻訳機となるヘアアクセサリーをアマテラス神から頂きます。
めがみめぐり14
…おお!!
教えた私の好きな食べ物をちゃんと言えてる!! イントネーションもバッチリ。
めがみめぐり15
私はこの時点で完全にツクモに情が移ってしまい、目頭が熱くなりました…。
自分の娘が喋れるようになるとこんな感じなのかな…。

そしていよいよ修行の旅の幕開け~。
舞台がいよいよ地上に移ります。
めがみめぐり16
地上での神格試験の第一試験官は、舞の女神「アメノウズメ」神。有名な神様なので知っている方も多いはず。
キレーな女神様だなぁー。
めがみめぐり17
地上で神格試験を受ける為には、「お供え物」が必要になります。まずはそのお供え物を入手するため、電車で目的地まで移動することが目標となります。
めがみめぐり18
移動画面の上画面。現在地、目的地が表示され、現在のツクモの外見が表示されます。ツクモの外見、髪の色や目の色はいつでも変更できます。また、新たな神衣を手に入れ、着替えることで服装が変化します。髪型も数パターン用意されている模様。 
めがみめぐり19
下画面。サイコロを振り、出た目の数だけマスを移動できるボードゲームの定番的手法。
止まったマス(駅)によって、会話イベントや妖怪退治イベントなど、様々なイベントが楽しめるようです。
また、課金して移動を楽に進められるアイテムを手に入れることもできます。

さらに、インターネットで「チェックイン」することで、ゲーム内で使える「お賽銭」をゲットできたり、コラボ情報や期間限定イベント情報などを調べたりすることができます。ちなみに現在行われている期間限定イベントはクリスマスのサンタ衣装が貰えるイベントです。ツクモのサンタガール姿が見たい方は要チェック!

そして最大のウリの交通系ICカードとの連動。連動させることでツクモと特別な会話ができるようです。ただ、旧3DSだとNFCリーダーが必要になります。
めがみめぐり20
そしてこのゲームで凄いと思ったのは、全国の膨大な数の駅名が収録され、ツクモに読んで貰えること。まさか岩手県のマニアックな駅まで収録されているとは…。


まあとにかく出てくるキャラクターがどれもかわいいorきれいで愛らしく、プレイしていて癒されますね。まだ序盤の30分程しかプレイできてませんが、無料配信ソフトの割には作りこまれているな、と感じました。特にカプコンと東芝が共同開発した、「めがみスピークエンジン」を利用してのツクモとの会話がかなりナチュラルにできる点が素晴らしいです。携帯ゲームなのに人と喋っているのにかなり近い感覚でツクモとのコミュニケーションを楽しめます。

師走の忙しい中、30分だけプレイして癒されよう、楽しもう、という方や、アイテム収集などガッツリプレイしたい方にもおすすめできる1本です。

ノーマークだった方は、是非ニンテンドーeショップからダウンロードしてみてください。ちなみに必要なブロック数は約2,000です。

特典アイテムが収納されたBOX版もあるので、併せてチェックしてみてください。


ではでは今日はこの辺で。


 

5)
はい、ということで12月一発目の記事は艦これプレイレポートです~。

そしておそらくこれが最後の艦これ記事になるかと思います。
ちょっと副業が恐ろしいほど忙しく、寝るか仕事するかの生活をしていて、艦これはもう続けるのは無理だな…と判断しました。だってコンシューマーゲームもロクにやる暇もないんですもん。
何でそんなに忙しいんだ、って言いますと、実は実費を払ってコンサルを受けながらその副業をやっていて、ノウハウを勉強中ということもあって、起きている時間のほとんどを副業に費やしているんです。コンサル期間が終わればちょっとは時間を作れそうですが、正直艦これはもうモチベーションが保てないのでプレイしないと思います。

最後の巻頭秘書官は誰にしようかかなり迷ったのですが、最近お気に入りで、背景にもマッチしている長波にしました! 八重歯がかわいい。でも八重歯と言えばやっぱり足柄。


さあでは最後の改二艦紹介といきましょう!!

5)1
まずは駆逐艦・潮改二。
必要レベルは60と低かったので、遠洋練習航海に出しておくだけですぐに改二にできました。
改二になって自分にちょっと自信がついた様子がいいですね。あんなにおどおどしていたのに…。改二にして良かった!!
改二になっても相変わらず和ませてくれます(´∀`)
5)2
次は軽巡洋艦・阿武隈改二。
この艦娘は長かった…。レベル75って…。
まあ持ってきてくれる装備がありがたいのでしょうがないかな…。
にしても誰かに似てると思ったら、エヴァンゲリオンのアスカじゃないですか! アスカだよねぇ!! 性格全く違うけど!!!
いや、でも見栄え良くなって、かっこかわいいよ、キミ。
5)3
トリを飾るのは空母二航戦・飛龍改二。

…。

……。

………。 


長ぇえええよ!!
高すぎるんだよ必要レベルが!!!
まあ例のアル中軽空母よりはマシだったんですけど、それでも長かった…。レベル77って…(゚Д゚)

グラフィックはWikiで見る限り、前のほうがかわいいなと思ってたんですが、いざ改二にしてみたらこれはこれでアリですねw
やっぱ解像度の違いは大きいよ、と。 

実はもう一艦、改二に出来る艦があるんです。航空母艦の扶桑なんですが、改二にすると資材消費が半端なくなる上、嫁艦候補なので、レベル99になってから改二にしようと思っています。もしこのゲームを続ける機会があれば…の話ですが。


まとめ的な話になりますが、このゲームには結構時間を注ぎました。ハマッていた時は演習相手が更新される時間を頭に入れて生活していましたし、寝る前は忘れずに遠征に出していました。
運ゲー呼ばわりされるのもしょうがない要素も多く、ストレスが溜まることも多かったですが、かわいくて個性的な艦娘たちと出会い、育成できて楽しかったな、と今では思います。特に季節毎の限定ボイスやグラフィックには楽しませてもらいました。今年秋の陸奥の浴衣姿は反則級でしたね…。「モ、モデルが浴衣着ていらっしゃる!」「中破グラ…。(´∀`*)」 ほかにも白露や浜風、曙…挙げたら枚挙に暇がありません。

そして艦これをプレイして一番良かったこと。それはこのゲームの2次創作物を楽しめるようになったことですね。私は主に『艦隊ジャーナル』や『妙齢型重巡伝 残念だよ! 足柄さん』(ともにニコニコ静画)、ビリーさんという方が作者の漫画にハマッています(こちらはPixiv)。

色々賛否両論あるゲームですが、それだけ人を注目させる力があるゲームだと言うことなので、偉大(?)なゲームなのではないでしょうか。


プレイ自体はもうする機会はないでしょうが、季節イベントごとにはログインして、我が艦隊の艦娘たちに会いに行こうと思っています。


それではtakeru艦隊、お疲れ様でした! 解散はしねーぞ!!w


↑このページのトップヘ