スーパーマリオランド

スーパーマリオランドは1989年に任天堂から発売された、ゲームボーイ用のアクションゲームです。
ゲームボーイのローンチタイトルとしてハードと同時に発売し、約419万本を売り上げました。
この数字はゲームボーイソフトとしてテトリスに次いで2番目のセールス記録です。

私はこのゲームをテトリスの次に買ったような気がします。
結構やりこみましたよ(*・ω・)ノ
2周して裏面のステージセレクト出しましたしw

スーパーマリオランド1

ファミコン版のスーパーマリオと同じく主人公はマリオなんですが、敵がかなり違うんですよね。
そもそも舞台がキノコ王国じゃないしラスボスがクッパじゃないし。
サラサランドのデイジー姫をさらった宇宙人(!)タタンガを倒すとゆー。

パワーアップアイテムのフラワーを取ってもファイヤーボールではなく、「スーパーボール」が出せるようになるんですよね。
動きがリアル世界のスーパーボールと同じで壁や地面に当たると跳ね返るんですねー。
これでコインも取れるので便利っちゃあ便利なんですけど、連射ができないのが痛かった。

スーパーボール出せるからと余裕ぶっこいてたら、ボールを外しちゃって敵に触れてしまった、なんてことがよくありました(´∀`;)

スーパーマリオランド2

また、ファミコン版と違う点として、ゴールが上下に分かれていて、上のゴールに入るとアイテムや残機数アップがゲットできるボーナスゲームができました。
これは初心者救済となって助かりました。

スーパーマリオランド3

それぞれのステージの3つ目のエリアにはボスが待ち構えています。
スーパーボールでも倒せますが、倒さなくても結局扉の前のスイッチを踏めばステージクリアとなります。ここはファミコン版と一緒。

で、デイジー姫を助けられたかと思ったら…

スーパーマリオランド4

ニセモノー!!
ここの変身シーンのBGMは子供心に怖かった…。


操作性はちょっと軽い感じがしましたが許容範囲内でしたね。

ただ、いかんせんステージ数が少なかった。
3×4で12ステージしかない。
ここは物足りなかったです。

それに、しょうがないんですけどやっぱりファミコン版に比べるとグラフィックに見劣りが…。
ほかのゲームボーイソフトにも言えることなんですけどね(≡ω≡.)
キャラも小さくてなんかちゃっちい感が否めなかった(苦笑)

総評:私のメガネにかないました!
欠点もありましたがそれなりに遊びましたし、ゲームボーイのアクションゲームの入門編としては悪くなかったです。
病院の待ち時間にタタンガ戦やった記憶がありますw
BGMを今聞くと郷愁感が湧くと言うか、何だか懐かしくも切ない気分になりますね。

あと当時から疑問だったのが


何でカメ踏むと爆発するんだ???


死ぬときは自爆しろと上司に命令されていたのか!?
サイバイマンかお前らは!!


現在3DSのバーチャルコンソールで配信中ですよ~。⇒公式サイト


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。