3D ベア・ナックルⅡ 死闘への鎮魂歌

3D ベア・ナックルⅡ 死闘への鎮魂歌は、セガから2015年にダウンロード配信された、ニンテンドー3DS用のベルトスクロールアクションゲームです。
過去にリリースされたタイトルを3D立体視可した「セガ3D復刻プロジェクト」の作品の1つで、800円(税別)でニンテンドーeショップにて配信されています。オリジナルのベア・ナックルⅡはメガドライブのソフトとして1992年にリリースされ、格闘ゲームの最高傑作と称されました。

私は前作にあたる『3D ベア・ナックル』をプレイしたことがないので、はじめは興味が無かったんですが、ツイッター上で盛り上がっているのを見て購買欲が湧き、ダウンロードしてみました。

先に言っておきますが、このゲーム、

立体視がヤバイ!



背景の建造物や設置物が自然体として存在しているかのように見える「奥行き重視」と、従来の立体視の「ズーム重視」の2種類から選べるんですが、どっちも甲乙つけ難いくらいの出来。
私は強いて言うなら、「奥行き重視」が好みです。私はこのゲームをプレイするときは常に3D機能をONにしています。一度味わったらもう通常画面に戻れません(´∀`*)

3D ベア・ナックルⅡ 死闘への鎮魂歌1

選べる操作キャラクターは4人。
比較的バランスが取れていて、強力な特殊技を持つアクセル。
バランスに優れた綺麗なお姉さんのブレイズ。
巨漢のプロレスラーで、動きが遅い分パワーがあるマックス。
パワーとスタミナは低い分、スピードが4人中最もあるサミー。

3D ベア・ナックルⅡ 死闘への鎮魂歌2

攻撃方法はこのタイプのゲームとしてはかなりバリエーションがあります。
まずBボタンで通常攻撃。これは連打すると連続ヒットします。上記写真はアクセルの通常攻撃のフィニッシュです。
また、Bボタンを押しっぱなしにして離すと溜め攻撃が出せます。
Aボタンでジャンプをして、Bで垂直ジャンプキック。左右方向キーを押しながらジャンプしてBで飛び込みキック。ジャンプをして方向キーの下を押しながらBボタンでニープレスなどの押しつぶし攻撃。この攻撃のみ敵がダウンしないので、着地後にほかの技を繋げて出すことができます。

Rボタンで後方攻撃。キャラによっては前方にも攻撃判定が生じます。

Yボタンで必殺技。周囲の敵を吹き飛ばす強力な攻撃ですが、ライフを一定値消費します。
Yと左右方向キーで前方への必殺技。前方にだけ繰り出す強力な必殺技です。こちらもライフを消費します。

3D ベア・ナックルⅡ 死闘への鎮魂歌3

左右方向キーを素早く2回押してBボタンで特殊攻撃。写真はアクセルの「グランドアッパー」。攻撃判定、威力ともに高い強力な攻撃です。

ほかにも敵と接触して「掴み」状態から様々な攻撃ができます。
そのままBで投げ、逆方向を押しながらBで後ろ方向への投げ、掴んだ敵の方向キーを押しながらBで掴み連続攻撃、Aで背面に回ってそこから強力な投げや攻撃を出すこともできます。

ガードはできませんが、敵から投げられた際に方向キー上とAを押すことで受身をとることができます。


前方から敵が寄ってきたら通常攻撃でボコり、複数できたならジャンプキックや特殊攻撃で蹴散らす、というのが基本的な立ち回りになるかと思います(もちろんプレーヤーさんによって様々でしょう)。

3D ベア・ナックルⅡ 死闘への鎮魂歌4

こちらはブレイズの特殊攻撃、「飛翔双斬」。飛び込んで気孔の力で敵を切り裂く技です。

このゲームでは木箱や樽などの設置物を破壊すると、アイテムが出現することがあります。
回復アイテムのほかにナイフやパイプなどの攻撃アイテムも出ます。
キャラによっては得手、不得手の攻撃アイテムがあり、ブレイズはナイフの使い手です。彼女だけナイフ攻撃が複数ヒットします。

3D ベア・ナックルⅡ 死闘への鎮魂歌5

必殺技の「円舞脚」。周囲の敵を吹き飛ばします。この動き…さすが趣味が「ランバダ」!!

3D ベア・ナックルⅡ 死闘への鎮魂歌6

マックスは投げ技が脅威的に強いキャラです。このキャラだけ、掴み状態からジャンプして投げ技を出すことが出来ます。しかし、彼だけ前方掴み状態から背面へ移動することができません。
ジャンプキックのリーチと攻撃判定が大きく、前方に敵が群がっているとき重宝します。

3D ベア・ナックルⅡ 死闘への鎮魂歌7

特殊技の「スライティングシザース」。発生とアクション自体が早いので、移動にも使えます。
横方向の必殺技の「サンダータックル」もアクションが早く、多段ヒットする大技です。
これらを駆使すると、移動のスピードが遅くても結構使いやすいキャラになるんですよ。(´∀`)

3D ベア・ナックルⅡ 死闘への鎮魂歌8

4人の中で唯一ダッシュ移動が出来るサミー。ローラースケート履いているからか?
移動スピードも速いので、簡単に敵の背面を取れます。

3D ベア・ナックルⅡ 死闘への鎮魂歌9

横方向の必殺技、「コークスクリューキック」。多段ヒットするサミーの切り札的技。
サミーはパワーが低いだけでなく、通常攻撃のリーチも短いので、特殊攻撃や掴み技を駆使しないとボコボコにされてすぐダウンしてしまいます。スタミナも低いので…。

まだ子供の為、武器も重いものは上手く扱えず、使いこなすのが一番難しいキャラです。


このゲームの最大のウリは立体視だと思いますが、それと同じくらいのウリが「効果音」だと思います。
敵にパンチやキックがヒットした時や、武器が当たったときの音がとても小気味いいんですよ!この効果音がこのゲームの爽快感を生むのに一役買っていることは間違いないでしょう( ̄ー ̄)

古代祐三氏が手がけたサウンドも耳に残る良曲揃いです。ヘッドフォン推奨!

はじめてこのゲームをプレイしたときは、「動きが硬いな…」と思いました。今の技術ならもっと滑らかに動くように制作できたでしょう。しかし、こう考えました。「あえて硬くしたのだ」と。つまりオリジナル版を忠実に再現した、ということなんでしょう。当時遊んでいたファンのことを大事に考えて制作した、と。
動きが滑らかだと、操作感は良くなりますがそれだと復刻版にならないですもんね。それに当時のベルトスクロールアクションで重要だった敵との間合いの取り方が簡単になってしまい、独特の緊張感が薄れてしまいます。
ベルトスクロールアクションのキモは相手の動きを読んでどう立ち回るか、どう距離を取るかだと私は思いますので、結果的にこれで良かったと思いました。


唯一のマイナスポイントは画面がフルサイズに対応していないこと。『3D スペースハリアー』では出来ていたのに何故だぁあああー!!!

ま、まあ今回もオプションは充実してるしね…。
ボタンコンフィグ、ステージセレクト、リプレイ機能、立体視の種類選択、地面に倒せば敵を倒したことになる「ノックダウンモード」、あと隠しの「一撃必殺モード」などなど…。
スコアはもちろん記録されるし、難易度は6段階から選べるというやりこみにも対応した充実っぷり!

そしてキャラ4人を順番に使っていく「カルテットモード」も熱い!サミーをどうするか!?

ソフトが入った3DSを2台持ち寄れば協力プレイと対戦プレイもできますよ~(´∀`)


総評:私のメガネにとてもかないました!!
近未来的な立体視とバキバキ殴る爽快感を部屋で寝っころがりながら味わえるなんて最高。

グラフィックはもちろん古いですが、そこにバブル期のゲームのロマンみたいなものを感じられる方ならばきっと楽しめると思います。

興味が湧かれたら、こちらのセガオフィシャルHPを覗いてみてください。⇒セガ公式サイト

当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

Amazonゲームランキング