ドラえもん

ドラえもん(FC版)は、1986年にハドソンから発売された、ファミコン用のアクション&シューティングゲームです。
当時様々なキャラゲーが出始めた中、なかなかヒットする作品はありませんでしたが、このソフトは人気キャラ『ドラえもん』を題材とし、ゲーム内容も原作に準じたものであったことから、約115万本の大ヒットを記録しました。


このゲームは小学生の頃、例の年中ファミコン友人宅で一緒にやってました。まあ私は下手くそだったので、主にその友人がプレイするのを見てつっこんだりしてました。

とにかくメチャメチャ難易度が高かったことと、不親切なゲームだった、ということを良く憶えています(笑)

このゲームは劇場版ドラえもんの『のび太の宇宙開拓史』、『のび太の大魔境』、『のび太の海底鬼岩城』の3作品をモチーフにした3部構成で成り立っているという、アクションゲームとしてはユニークな作品です。

ドラえもんを操作して、それぞれ3つのワールドで捕らわれている仲間たちを救出するのが、このゲームの目的です。

ドラえもん1

1ワールド目、「開拓編」。
トップビューのフィールドを移動し、出てくる敵を攻撃して進んでいきます。
操作キャラのドラえもんにはライフが設定されていて、アイテムを取ることで回復したりゲージを増やしたりできます。また残機制にもなっていて、こちらもアイテム等で増やすことができます。

ここは「トカイトカイ星」という設定です。

ドラえもん2

何もないところで武器の弾がヒットすると、そこには隠しアイテムや隠しダンジョンがあります。このダンジョンはほぼ必須で見つけなくてはならないので、攻略情報がほとんどない当時はそこら中を撃ちまくって探したものです( ´_ゝ`)

ダンジョンの中は2D横スクロールになっていて、大抵重要なアイテムが隠されています。

ドラえもん3

「トカイトカイ星」からダンジョンを通って、「コーヤコーヤ星」へ。
ここでも隠しダンジョンやアイテムを探しながら進んでいきます。

ドラえもん4

そして開拓編のボス、「ブルロボット」。
こいつを倒すと、のび太を救出できます。



あれ? 映画だとのび太こっちの星じゃ無敵じゃなかったっけ?? 重力軽い関係で身体能力半端なかったし、射撃の腕も凄くてギラーミン一撃で倒してたよね???


何故捕まった???


多分そこがのび太たる所以なんでしょうね…。


ドラえもん5

ワールド2の「魔境編」。
ここはシューティングステージとなります。ワールド1で「スモールライト」を取っておくと、『グラディウス』シリーズで言う「リップル」状の弾を撃てます。これがないと武器が「ショックガン」になってしまい、とても不利です。

敵の攻撃が半端なく手厳しい。弾を撃ちまくって来たり、向かってくる敵の移動スピードが速かったりで、今の時代のシューティングよりも格段に難しいです。

ドラえもん6

ここではジャイアンとスネ夫がステージ途中で捕まって(待機して)います。迷路のように入り組んだステージで彼らと出会うと、同行して一緒に攻撃してくれます。『グラディウス』で言う「オプション」のような存在になります。

ここも何の情報もなしにプレイすると確実に迷ってしまう恐ろしいステージです。

ドラえもん7

3ワールド目、「海底編」。
ここが最もめんどくさく、そして最も難しいステージです。最終ステージにふさわしい鬼畜な難易度と迷路でプレーヤーを苦しめます。

敵が何も無いところから急に湧いてきて襲いかかってくるもんだから避けるのが難しい!スピードも速いし。

アイテムを複数持ち歩き、必要な場面でアイテムを使い分けなくてはいけないため、かなりややこしく面倒でストレスが溜まります。

ある場所でⅡコンのマイクに向かって叫ぶと、ドラミちゃんが4つのアイテムを集めて持ってきてくれる、なんていう裏技がありました。そこはもう小学生らしく「ドラミちゃーーーーーん!!」
と叫ばせてもらいました。人ん家で。

ドラえもん8

各地にある宝箱の中には仲間が入っています。開けるには鍵が必要です。ところが、ハズレの場合もあって、ドラゴン(でかいウミヘビ)が出てきてしまうことがあります。このドラゴン、「お守り」という特殊アイテムを持っていないと倒せない上、倒さないと行く先々にワープして現れるというとんでもなく厄介な敵です。

いや、それよりも


何故また捕まった?


のび太、ジャイアン、スネ夫、折角1ステージと2ステージで助けたのに、


何故また捕まった??


これじゃあ1ステージと2ステージの過程が意味無いじゃんΣ( ̄ロ ̄|||)


と、言う訳でまた3人を助けて、最終ボスの「ポセイドン」を倒すと源のしずかちゃんを救出できてゲーム終了です。



ユニークな作品ですけどちょっとこれは難易度が高すぎる…と今でも思います。
この年代って無茶苦茶な難易度のゲームが横行した年代ですよね。このゲームを当時攻略本なしでクリアできた人はもはや偉人レベルだと思います。


総評:私のメガネにかないませんでした…。
面白くは無かったです。ただただ、難しく、面倒でした。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

Amazonゲームランキング