レイストーム

レイストームは、1997年にタイトーから発売された、プレイステーション用の縦スクロールシューティングゲームです。
1996年にアーケードで稼動したゲームを移植した作品で、ほかにもセガサターンやWindowsなどにも移植されました。XBOX360やプレイステーション3ではHD化されたリメイク作品が移植されています。


このゲームは中学3年のときに部活の友人宅で遊ばせて貰って、あまりの面白さにその日持って行った自分の『ストリートファイターZERO2』と交換で貸してもらいました。家で兄と2人同時プレイをしていたら、兄もハマってしまって、友人にソフトを返した後、ゲームショップに行って買っちゃいました(笑)

レイストーム1

このゲームでは自機を2種類から選べます。1つは「R-GRAY1」で、後述するロックオンレーザーが最大8箇所まで撃てて、レーザー自体のスピードも速いという、扱いやすい初心者向けの機体。
そしてもう1つが「R-GRAY2」で、ロックオンレーザーが最大16箇所まで撃てますが、発射されるレーザーが1本で、ロックオンした順に移動して攻撃していく為、レスポンスの良さに欠ける上級者向けの機体。

普通にプレイする際には前者の機体が扱いやすくていいですが、高得点を狙うには最大ロックオン数が多い後者が向いています。

レイストーム2

先述した通りこのゲームの自機には通常のメインショットのほかに、ロックオンレーザーという武器が搭載されています。機体の前方にある「ロックオンサイト」に敵を触れさせるとロックオン状態となり、オートモードだとショットボタンで、マニュアルモードだとレーザー発射ボタンでそれぞれレーザーが発射されます。
このレーザーは高低差がある敵に対しても有効で、自機と同じ高さに昇ってくる前に敵をロックオンして、レーザーで先制攻撃することができます。

レイストーム3

画像はR-GRAY1のロックオンレーザー。機体の後ろから発射され、ロックオンした敵が移動していても追尾して命中します。

このロックオンレーザーは、レーザーを発射する前にロックオンした数が多ければ多いほどレーザーで殲滅させたときの得点が上がるようになっているので、ゲームに慣れてきたらマニュアルモードでプレイしたほうが得点が稼げます。
オートモードはボタン1つで通常ショットと同時にロックオンレーザーを発射してしまうので、ロックオンの数が稼ぎにくいという欠点があります。使い易くて便利ではあるのですが。

レイストーム4

このゲームの醍醐味は、ロックオンレーザーが縦横無尽にかけめぐる爽快感ですね。ロックオンできる数はアイテムを取ることで増やしていけます。

グラフィックも当時としてはかなり美しく、グラデーションされた蛍光色のレーザーが飛び交うゲーム画面はSFの世界そのものでした。

レイストーム5

ちなみにR-GRAY2のロックオンレーザーはこう。稲妻状のレーザーが、ロックオンした順に敵を攻撃していき、画面後方まで移動した状態で前方の敵をロックオンすると、また前方に戻って来て攻撃するという仕様になっています。
なので緊急時にレーザーが攻撃に間に合わないということも起きます。ちょっとクセがあるレーザーです。
見た目は凄いかっこいいんですけどね。

レイストーム6

ロックオンを1箇所に集中させてレーザーを発射すると、高威力の「ハイパーレーザー」に変化します。
R-GRAY1の場合は緑色の爆発が次々と起こります。
R-GRAY2の場合はブラックホール状の爆発が発生してしばらく残り、その間ダメージを与え続けます。

レイストーム8

2面ではステージが海上になります。
海中を泳ぎながらミサイルを発射してくる敵機や潜水艦など、海ならではの敵が登場します。

レイストーム9

今作にはいわゆる「ボム」に当たる、「スペシャルアタック」があります。
これを撃つと画面内全ての敵に大ダメージを与えられる上、自機(2人プレイ時にはその機体も)が無敵になります。緊急回避時や得点稼ぎの際に大いに役立ってくれます。

このスペシャルアタックは画面左上の「SP ATTACKゲージ」が満タンの時のみ撃つことができます。一度撃つとゲージが空になりますが、ロックオンレーザーで攻撃していると徐々に回復していきます。

レイストーム10

3面になると人型ロボットが出現し、敵の攻撃が激しくなっていきます。
特にこのロボットは固い上に放っておくとどんどんレーザーを撃ってくるので、早めに倒しておきたい敵のひとつです。

またこのステージのボスも厄介で、初見だと残機がなくなってしまうこと必至。人型のロボット上のボスなんですが、ぶっといレーザーを撃ってきたりミサイルを乱射してきたりして、当時相当手こずりましたねー…。

レイストーム11

4面になると、舞台は宇宙へ。
ここでは敵の宇宙戦艦群とのドンパチがメインになります。もちろん、通常のザコ敵も出てきて戦艦との見事な連携で攻めてきてくれます。

宇宙や地球のグラフィックも美しく目を見張りますが、画面が3Dモーションで切り替わる演出も入るので、そこも見所です。

レイストーム12

こういうイヤラシイ間隔のレーザーを撃ってきたり、でかいミサイルを撃ってきたりするので、早めに砲台をロックオンレーザーで破壊しつつ、回避もしっかり行わないと慣れないうちはこのステージでゲームオーバーもありえます。

ちなみにここのボスは巨大戦艦で、レーザー、ミサイル、ザコ敵射出、ホウ酸状の爆弾散布など色々やってくれます。特にレーザーは帯状で発射され、その隙間をかいくぐらなければいけないので、回避がかなり難しかったですね。


ステージはこの4面で折り返しで、残り4ステージ、全部で計8ステージあります。最終ステージはラスボス戦のみですが、これがまた手ごわい。


このゲームは難易度が比較的高く、初見殺しの箇所も多いので投げ出すプレーヤーが出てきそうですが、クレジットを100回使うと無限クレジットができるようになったり、一度アーケードモードをクリアするとステージ選択できるようになっていたりと、シューティングが苦手な人の為の救済措置もちゃんと搭載されています(データはメモリーカードに記録できます)。

さらに家庭用向けにステージ構成・背景に大幅なアレンジを加えた「エクストラモード」や、「R-GRAY0」という特殊な機体を使ってプレイする「13機モード」など、やりこみ要素も用意されています。

本当に当時は夢中になって遊びました。シューティングはこのソフト以降ほとんど買ってないですね。それくらい大満足したゲームでした。


総評:私のメガネにとてもかないました!!
私の中ではNo.1のシューティングゲームです。HD版、やってみたい…。

当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。


Amazonリンク

レイストーム PlayStation the Best

中古価格
¥20から
(2015/8/18 14:09時点)

SIMPLE1500シリーズ Vol.75 THE ダブルシューティング ~レイストーム×レイクライシス~

中古価格
¥189から
(2015/8/18 14:10時点)