ぷよぷよ

ぷよぷよ(GB版)は、1994年にバンプレストから発売された、ゲームボーイ用のアクションパズルゲームです。
開発はウィンキーソフトが行いました。

ぷよぷよは元々コンパイル社が開発、販売した対戦パズルゲームで、家庭用ハード向けに発売した後、改良を加えてアーケード展開したという珍しいタイプの販売パターンをとっています。はじめの家庭用ハード向け版は特に話題にはなりませんでしたが、対人対戦に重きを置いたシステムに変更してリリースしたアーケード版は大ヒットし、後に続くぷよぷよ人気の火付け役となりました。

このゲームボーイ版は、アーケード版がリリースされた2年後の発売となっていますが、それよりも先にメガドライブ版、スーパーファミコン版などが先駆けて発売されました。


で、私は小6のときにクラスメイトからこのゲームを貸してもらいました。

ぷよぷよ1

選べるモードは全部で3つ。これはどのハード版でも共通のようです。

ぷよぷよ2

「ひとりでぷよぷよ」モード。
まずレベルを選択します。このレベルは難易度とは別で、難易度そのものは前画面の「おぷしょん」で変更できます。レベルというか、言わばステージ選択ですね。
「練習ステージ」は前3ステージ用意されていて、「ふつう」は全10ステージの1ステージ目からの挑戦となります。「むずい」は4ステージ目からです。1ステージ目からなんてめんどくてやってらんねえ!という人向け。

ぷよぷよ3

レベル選択をすると、対戦キャラが現れてご存知漫才デモが始まります。これがぷよぷよのゆる~い世界観をよーく表してますね。見ていて楽しい。

ぷよぷよ4

これがゲーム画面。

見辛れえよぉおおおおおお!!!

色2色、形3の計6種類の異なるぷよが降ってきます。

目が疲れる…。。。(´;ω;`)

いくらゲームボーイだからって、これはないでしょう! もっと表示方法があったはずだ!!
ドクターマリオ』を見習って欲しい!!!

このゲーム、『スーパーゲームボーイ』に対応しているのですが、そっちで遊ぶことを前提に作ったのか?と思ってしまいます。


でもゲーム内容は他機種版と変わらず、連鎖した場合相手に「おじゃまぷよ」を送れますし、段々とぷよの落下スピードも速くなってきます。しかしボイスは残念ながら未収録です。


でも私、別の要因でこのゲームを楽しめませんでした…。


連鎖が組めない…。


練習ステージでいくら練習しても、3段より上の連鎖が組めなかったんです。連鎖の組み方が良く分からない。だって私立文系だしぃ。…関係ないか。

なので適当にぷよを片側に積んで、偶然起きる連鎖に懸けて戦ってました( ´_ゝ`)

一応それでも勝てるもんなんですよね…。

ぷよぷよ5

オラァッ!!!


ぷよぷよ6

そして4段以上の連鎖が組めない私に迫り来る悪の軍団員たち。
正直言って、「ふつう」からはじめてクリアしたことは1回もありません。

ぷよぷよ7

負けるとこの画面。偶然の勝利に懸けてコンティニューしまくりましたとも。やっぱりエンディング見たかったので。

最終的には裏技を教えてもらって、いきなりラストステージの10からはじめて、勝つまでコンティニューし続けました。
クリアしたときは嬉しかったですねえ。そして「ぷよぷよシリーズは今後買わないようにしよう…」と胸に誓ったのでした。


総評:私のメガネにかないませんでした…。
ぷよの表示方法がもうちょっとなんとかならなかったのか、という点と、ゲーム内容自体が私には合わなかった、ということでこの評価です。

やっぱり私にとって、パズルゲームは『テトリス』が一番です。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

Amazonゲームランキング