ロックマンX

ロックマンXは、1993年にカプコンから発売された、スーパーファミコン用のアクションゲームです。後にPCにも移植されました。また、リメイク作としてPSP用ソフト『イレギュラーハンターX』が発売されました。

このゲームは『ロックマン』の世界からおよそ100年後の世界が舞台となっています。人間と共存していたロボット「レプリロイド」達が突如人間たちに反旗を翻し、世界はパニックに陥ります。人間と敵対したレプリロイド「イレギュラー」を倒す、イレギュラーハンター「エックス」が、相棒の「ゼロ」と共にイレギュラーの総統である、かつての上官「シグマ」を倒すまでを描いたゲームです。

ロックマンX1

今作はハードがSFCだけあって、映像レベルは勿論、効果音もファミコンでは出せなかったレベルの小気味良い音を奏でます。
バスターを撃つときの「チュンチュン」という音がエコーがかかっているかのように耳に残り、スタイリッシュな印象を与えてくれます。

ロックマンX2

親友の「ゼロ」。彼は特A級ハンターですが、エックスはB級ハンター。序盤のステージで登場する、かつての同僚「ヴァヴァ」にも負けそうになってしまいます。
しかしエックスは倒した相手の能力を自分のものにできる上、パワーアップパーツによってこれから強くなる可能性を無限に秘めています。それに賭けると言い残し、先にシグマのアジトを探りに行くゼロ。

ロックマンX3

今作のボス選択画面はこんな感じ。
それぞれ4隅にある項目を選択すると、センターモニターに移る情報が変わります。右下の「ROCKMANX」だけは、8体のボスを全て倒したときのみ反応します。

ファミコン版ロックマンと同じく、このボス達にも弱点設定があります。また、ボスを倒しステージをクリアしても、エックスをパワーアップさせるために、再度訪れる必要が出てきます。

ロックマンX4

今作の新アクション、「壁蹴り」。壁に向かってジャンプボタンを押すことで、どんどん上へ壁を蹴って上がっていけます。また、壁から落下するときに、壁に接触しながら壁方向の十字キーを押すことで、ゆっくりと降りることが出来ます。

このアクションが追加されたので、例えばボス戦でも壁を使った画面上部での競り合いができるようになり、プレイの幅が広がりました。

ロックマンX5

VS「ストーム・イーグリード」。ボスの名称も「~マン」ではなくなり、ボスの能力と見た目の特徴を現すものに変わりました。

ライフの値に注目。エックスのほうが上限が少ないです。エックスは各ステージに隠されたパワーアップパーツやアイテムを取得することにより、ライフや能力が上がっていきます。

ロックマンX6

これがライフの上限を上げる「ライフアップ」。全部で8つ隠されています。ほかにも、ライフ満タン時に余剰に回復した分のライフをストックできる「サブタンク」が4つ隠されています。

ロックマンX7

氷を操る「アイシー・ペンギーゴ」。氷像を造ってエックスにぶつけるほか、雪を降らせて視界を悪くさせます。
ですが、今作の一番倒しやすいボスです(笑)

ロックマンX8

ステージの中には、このようなライト博士のホログラフが映し出されるカプセルが設置されているところがあります。
エックスを造ったのはライト博士で、ロボット達の反乱が起こったときのことを予見してエックス専用のパワーアップパーツを残していました。
このカプセルに入ると、対応したエックスの体の一部が強化されます。
ここではフットパーツが手に入り、ダッシュ移動ができるようになります。

ロックマンX9

エックスが全てのパーツを集めると、このような姿になります。ヘッドパーツで特殊なブロックを破壊可能になり、ボディパーツで防御力が上がり、フットパーツでダッシュが可能になり、そしてアームパーツでチャージショットが強化されます。真後ろにも攻撃判定のある衝撃波が生じ、前方には複数の弾が放たれます。
このパワーアップチャージショットは雑誌などでは見たことはありましたが、実際にプレイして出すとメチャクチャかっこよかったです!! シューティングゲームのように飛んでいくショットの連弾でザコ敵を倒すのは爽快の一言でした。

また、アームパーツを手に入れると、このチャージショットのほかに、特殊武器のチャージもできるようになり、中には特殊な形状に変化するのもあるのが面白かったですね。

そして、有名な隠し技の「波動拳」もシグマステージ攻略時には心強かったですね~。ライフ満タン時しか出せないので、なかなか使いどころが難しかったですが(^^;)


ファミコンやゲームボーイのロックマンとは違った、シリアスでスタイリッシュなこのロックマンも味があり、面白かったです。ハードがSFCになってボタンが増えたせいもあって、ちょっと操作がキツイアクションを求められる場面が何箇所かあり、難易度は高かったです。


総評:私のメガネにかないました!
攻略本なしでは全てのパーツやパワーアップアイテムを見つけることはできなかったので、この評価にしました。
ダッシュボタンがAだとダッシュしながら武器チャージができないので、コンフィグでRかLに変更したのは私だけではないはず…。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

Amazonゲームランキング