DMC3 SE

デビルメイクライ3 スペシャルエディションは、2006年にカプコンから発売された、プレイステーション2用のアクションゲームです。前年に発売された無印版に様々な要素を追加したグレードアップバージョンとなっています。

私はデビルメイクライシリーズはこれが初プレイです。元々悪魔が敵として登場するアクションゲームと言うことで、かなり興味があったのですが、購入できたのはベスト版になってからでした。

シリーズの時間軸としては、『1』の前の話となります。まだデビルハンターとして開業する前の話です。

DMC3 SE1

3Dで構成された世界で主人公・ダンテを操り、封印されていた塔・テメン二グルを探索し、双子の兄・バージルを倒すのがこのゲームの目的です。

ダンテは剣と銃の2種類の武器を使って戦います。
このゲームのキモは「いかにスタイリッシュに敵を倒すか」です。具体的には、間を開かず連続で悪魔を攻撃したり、攻撃に必殺技を絡めたり、敵の攻撃が当たる寸前で回避したりすることにより、「スタイリッシュランク」が上がります。スタイリッシュランクは画面右上に表示されます。このランクが高いほど、悪魔を倒したときに手に入るアイテムの数が増えます。
ちなみにランクはD、C、B、A、S、SS、SSSの順で高くなっていきます。

DMC3 SE2

ボス戦ではボスのHPがメーターで表示されます。これはまだ塔に入る前に出現するボスですが、塔内では様々なボスがダンテを待ち受けています。

DMC3 SE3

このゲームではダンテの戦闘タイプが「スタイル」という固有のものに分かれています。このスタイルによって出せるアクションが変わってきます。スタイルの数だけ戦術の幅が広がるという訳ですね。
剣攻撃に重きをおいた「ソードマスター」。銃での攻撃が強力になる「ガンスリンガー」。移動系のアクションが得意な「トリックスター」。敵の攻撃を唯一ガードできる「ロイヤルガード」。
私は塔に入ってからはもっぱらトリックスターを使っていましたね。探索時にも移動が楽になるので重宝しました。

スタイルはそれぞれレベルの概念があり、敵を倒すことで経験値が手に入り、レベルアップすると固有のアクションが増えます。
また、ゲームが進むと新たに手に入るスタイルもあります。

DMC3 SE4

このゲームはストーリーがミッションで区分けされています。
ミッションに入る前にスタイル、装備武器などを決定します。

DMC3 SE5

ミッションをクリアするとリザルトが表示されます。
個人的には「Time」まで入れるのはちょっと嫌でしたね。塔内の探索でどうしても時間がかかってしまうので、いつもこのTimeはランクが低かったです…。

DMC3 SE6

人の顔らしきものが中央に描かれたアイテム、「スター」、「オーブ」。集めて使用することにより、ダンテのHPが上がったり、新しい技を覚えたりできます。
このゲームの世界観を損なわない、いいグラフィックのアイテムですね。

DMC3 SE7

スタイル同様、武器もゲームが進行するにつれて増えていきます。ボスを倒すと入手できるもの、塔内に隠されているもの。
画像は塔の門番、「ケルベロス」を倒して手に入れた氷属性のヌンチャク、「ケルベロス」。名前はボスのまんま(笑)

DMC3 SE8

画面中央がダンテの双子の兄・バージル。右側が謎の男・アーカム。
2人ともそれぞれある目的の為に、ダンテとバージルの父・スパーダが封印したこのテメン二グルを復活させます。

DMC3 SE9

塔内はこのようにギミックが施されている箇所があり、謎解き要素もあります。だからミッションリザルトの「Time」の項目は嫌なんですよ…。


ゲームが進むと、ダンテは「魔人化」することができるようになります。魔人化すると、ダンテが悪魔の姿に変化し、著しく能力が上がります。魔人化していられる時間は変身時の「デビルトリガーゲージ」の量によります。
魔人化したときに装備していた武器によって姿が微妙に変化し、能力も変化するので色々な武器で試してみたくなります。

このゲームでは近接武器・銃火器ともに色々な武器が登場しますが、個人的にはエレキギター状の武器「ネヴァン」が一番お気に入りでした。
奏でることで複数のコウモリを飛ばす武器なんですが、「セッション」という技を出すと激しい早弾きでおびただしい量のコウモリを召喚し、稲妻まで出るという相当スタイリッシュな武器です。エレキギターが武器と言うのは、発想がトんでいて最高でしたね。


個人的な不満点は、ミッションが始まるとセーブポイントまで行かないとスタイルが変更できないこと。折角新しい武器が手に入ったのでスタイルを変えてみようと思っても、セーブポイントまで行くのがダルくて、結局汎用性の高いスピードスターばかり使っていました。



総評:私のメガネにかないました!
敵に技を叩き込んでスタイリッシュランクが上がっていくのは、かなり爽快感を感じました。
ダンテの陽気で強気なキャラクターも、とても好感が持てて、ムービーを見るのが楽しかったです。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

Amazonゲームランキング