超悟空伝 突撃編

ドラゴンボールZ 超悟空伝 -突激編-は、1995年にバンダイから発売された、スーパーファミコン用のアドベンチャーゲームです。公式では「プレイングコミックス」という独自のジャンル名をあてがわれました。開発はトーセが担当しました。

今作はそれまでのドラゴンボールゲームと違い、できるだけ原作に沿った台詞やストーリーが再現されているのが特徴です。孫悟空の視点から、彼の少年期の冒険を追体験できる作品、という訳です。


超悟空伝 突撃編1

このゲームでは、プレイヤー自身に名前を設定し、更にゲームの進捗を競い合う「ライバル」、「イヤミなやつ」、「子分」、そして要所要所でゲームのアドバイスをくれる「情報屋」の名前を設定します。

各キャラクターの進捗度合いはスタートボタンのメニュー画面で確認できます。

超悟空伝 突撃編2

ゲームの始まりは孫悟空とブルマの出会いから。
このアドベンチャーパートでキャラ同士の掛け合い、移動、イベントなどが起こり、ストーリーが進みます。

途中、行動の選択肢が出てくる場合があり、原作通りの行動を選ぶと後で新しい技を覚えたり、後述する体力と戦闘力が上がったりします。

超悟空伝 突撃編3

正しい選択肢を選ばないと、話が原作通りに進まなくなる場合もあります。
ここでは「亀を海まで連れて行く」の正解選択肢を選んだので、原作通り亀が亀仙人をつれてきてくれました。亀仙人からここで筋斗雲が貰えます。

超悟空伝 突撃編4

戦闘パート。
悟空と敵とのタイマンでの勝負となります。二人とも始めは離れた位置にいますが、少しずつ前進します。
このとき、LとRボタンを押すことで戦闘力を高めることが出来ます。戦闘力が高まると、前進のスピードが速くなり、攻撃力も上がりますが、戦闘力を上げている間は無防備状態となります。

超悟空伝 突撃編5

攻撃できる位置に達すると、悟空の体が光ります。この状態でA、B、Yの各ボタンと十字キーに割り振られた技を選択することで、敵を攻撃します。

超悟空伝 突撃編6

この技は通常技のパンチ。
各ボタンはYはパンチ技、Bはキック技、Aは必殺技に割り振られています。ボタンを押すだけのニュートラル入力も含めて、それぞれ5種類の技が出せるように設定されています。

超悟空伝 突撃編7

当然敵も攻撃してきます。その際は、Xボタンに割り振られている「防御技」で防御します。
ガードにも複数種類があり、キックとパンチの攻撃を防ぎ、それ以外の技の威力を半減させる「ガード」、ダッシュ系攻撃を回避する「とびのく」、キック、パンチ、飛び道具を防ぐ「如意棒ガード」、連続攻撃を防ぐ「連続攻撃ガード」など多数あります。
相手の技に対して適切な防御技を入力するとダメージを回避できますが、そうではないものを入力すると、入力した防御技によってはモロにダメージを喰らってしまいます。

相手の攻撃は、相手の体が光った瞬間に相手の名前の横に表示されるので、それを見て瞬時に防御技を入力することになります。
慣れない内は入力のタイミングがシビアで、よくヤムチャにボコボコにされていました(笑) 狼牙風風拳強いんですよ…。


超悟空伝 突撃編8

ゲームが進むと悟空は新たな技を覚えます。
覚えた技はそれぞれ十字キーの好きな方向に設定し、次回の戦闘から使えるようになります。

私はパンチ技の「スマッシュパンチ」と必殺技の「気孔波」が好きで良く使っていました。スマッシュパンチは連続技の分類に入るのに、敵の連続技ガードを突き破ってダメージを与えられるので最後まで重宝しました。気孔波は「かめはめ波」よりも溜め時間が短く、さらに敵にガードされる確率が低いのでかなり使いやすかったですね。


このゲームのストーリーはブルマとの出会いからピッコロ大魔王討伐までとなっています。それ以降の話は続編の『-覚醒編-』に引き継がれます。私はそっちは未プレイですが。

このゲームは選択肢やイベントを原作通りにこなすと、全ての技が覚えられるのですが、私はどうしても「亀仙流最終奥義」だけは覚えられませんでした。原作も攻略本も無かったので、色々試行錯誤して5周位トライしたのですが、結局覚えられませんでした…。
インターネットが普及した現在になって、何が原因だったのか分かりました…(≡ω≡.)

プレイ時間は特に詰まるところがなければ約7時間ほどでクリアできます。
プレイ時間が短めなのと、BGMが良曲が多く、戦闘システムが中々面白かったので周回プレイもあまり苦になりませんでした。


総評:私のメガネにかないました!
このゲームのお陰でドラゴンボールのストーリーを覚えられましたね。小さい頃見ていたアニメの再放送は内容をほとんど覚えていなかったので…。ピッコロ戦は燃えました。
ドラゴンボールのゲームの中では良作の部類に入るゲームだと思います。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

Amazonゲームランキング