メトロイドゼロ
メトロイド ゼロミッションは、2004年に任天堂から発売された、ゲームボーイアドバンス用のアクションゲームです。ファミコンディスクシステムでリリースされた初代メトロイドに多数の追加要素を加え、グラフィックや操作性も一新した、新作に近いリメイク作となっています。


私はこのソフトを発売翌年の2005年に購入したんですが、購入した店でなぜか新品が980円(税込)というありえない低価格で買えました。人気作であるにも関わらず、です。『ロックマンゼロ3』も新品が980円で売っていましたね。その店は数年後、姿を消していました…。


話をゲームに戻しましょう。
今作では主人公サムスが単身乗り込んだ要塞惑星ゼーベスで、メトロイドの増殖や要塞の管理を司る「マザーブレイン」を破壊することが目的となっています。 そして後半は不時着した星からの脱出劇と2部構成になっています。

メトロイドゼロ1
このゲームは探索型アクションゲームになっていて、広大なマップを移動し、最終的にマザーブレインが潜んでいる場所まで進んでいくことが第一部の目的です。
サムスは初期装備は射程距離が短いショットのみです。このままでは非常に心もとないですが、要塞内に隠されているパワーアップアイテムを取ることにより、どんどん攻撃や移動手段のバリエーションが増えていき、進めるエリアが増えていきます。
メトロイドゼロ2
まず手に入るのが「モーフボール」。これはサムスが丸くなれるようになり、狭い通路を通れるようになります。アイテム「ボム」を手に入れると丸まった状態で爆弾を地面に設置することが出来るようになります。爆風を利用してのいわゆる「ボムジャンプ」でしか行けない場所もあります。
メトロイドゼロ3
この鳥(?)の彫像の手の中で丸くなると、使用制限のある武器とライフが全回復し、次に進むべきエリアをしめしてくれます。
はじめて見た時は何じゃこりゃ?? と思いましたね(笑) 彫像の手の中で丸くなるなんて、何ともいえないシュールな感じがしますねー。 
メトロイドゼロ4
この要塞のマップは実に広大かつ一部複雑で、6つのエリアから構成されています。
部屋と部屋はゲートトンネルで仕切られていて、中には特殊な方法でしか開かないものも。
PSの『悪魔城ドラキュラ 月下の夜想曲』を彷彿とさせるような作りで、パワーアップアイテムを手に入れて新しいエリアに進むのが楽しくてワクワクしましたね。
メトロイドゼロ5
要塞の中にはギミックも複数あり、「これどうやって使うんだ?」なんていうのもありました。
大抵は今行ける場所を全て探索すると起動に必要なパワーアップアイテムが見つかったり、突然ひらめいたりしました。
メトロイドゼロ6
隠し通路も多く、進むルートは一本道ではないのもこのゲームの面白いところ。
隠し通路を通るとショートカットできたり、ミサイルタンクやライフアップがあったりもします。
メトロイドゼロ7
もちろん中ボスも出てきます。
大体気持ち悪い生態系の方々が多いですね。おかげで遠慮なく駆除できます。
攻撃を避けてチャージショットで攻撃しているとロッ○マン感覚を味わえます。中にはミサイルでしか倒せない敵もいますが…。


こうして着々と進み、無事マザーブレインを破壊して惑星ゼーベスを脱出すると…。運悪く帰ってきたゼーベス星人と鉢合わせ!! サムスの乗っている宇宙船は攻撃を喰らってしまい、謎の星へ不時着…。宇宙船はオシャカになってしまった為、脱出の手がかりを求めてゼーベス星人の宇宙船に潜入します。ここからが第二部のスタートです。

メトロイドゼロ8
第二部ではスーツを失い、『スマッシュブラザーズ』等でお馴染みの「ゼロスーツ」姿になってしまいます。この状態では第一部で入手した能力を使うことはおろか、攻撃手段が脆弱なハンドガンのみとなってしまいます。
この状態でゼーベス星人と正面きって戦うと非常に危険なため、できるだけ見つからないようにして進むことになります。
ゲーム内容がステルスアクションに様変わりします。 ダンボールとかはありません。
メトロイドゼロ9
もし星人に見つかってしまうと、画面が赤いランプで点滅して警報も鳴り響き、周囲にいる星人がいっせいにサムスに襲い掛かります。逃げて隣の部屋へ移動しても追ってきます。壁も登ってくるので恐ろしいことこの上ないです。

お陰でとんでもない緊張感を味わえます。『バイオハザード』以来の恐怖と緊張感で、プレイ中は手汗がびっちょりでした(; ̄Д ̄)

メトロイドゼロ10
さらに嫌なことにサーチライトや、踏んだら反応するロープなどのトラップもあり、「ルパン対策か!」と突っ込みたくなるような厳重な警備。ルパンがトラップにひっかかっても不敵な笑みで華麗に脱出するのに対して、こっちは「やめてくれー!」と心の中で叫びながらの必死の脱出ですが。。。 
ベルトにロープくらい仕込んでおいてくれよ、サムス…。


この緊張感溢れる二部も、いつまでも逃げっぱなしでは終わりません。ラストには星人たちにリベンジするチャンスも控えているので、これからプレイされる機会がある方はお楽しみに…(´∀`*)


いやー、これは面白かったですよ。やっぱり探索型アクションは楽しいですね! 
操作性が良好で、移動やジャンプ、ショットスピードが現代に合わせて速くなっているのもプレイしていて楽しかった要因ですね。行き詰っても同じ箇所を短時間でグルグル廻れて、そのうち解決法や隠し通路を発見できました。

プレイ時間が難易度NORMALで3時間ちょっとでクリアできるのは今のゲームからするとボリューム不足に感じるかもしれませんね。


総評:私のメガネにとてもかないまいした!!
これが初メトロイドだったのですが、『メトロイド…オモロイド』は本当でした。
現在Wii UのVCで配信中なので、ご興味が湧いた方はこちらの紹介ページをご覧ください。

DSでもメトロイド出ていたみたいですが、どうやら3Dのようですね。3DSで2Dの新作を出して欲しいです。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。 

Amazonゲームランキング