ニュースーパーマリオブラザーズ
New スーパーマリオブラザーズは、2006年に任天堂から発売された、ニンテンドーDS用のアクションゲームです。開発も任天堂自身が行いました。
日本国内だけで約640万本以上を売り上げ、世界で3,000万本以上売り上げた超ヒットタイトルです。これは日本におけるニンテンドーDSソフトの最高売上記録となっています。
日本ゲーム大賞の2007年度優秀賞を受賞し、ファミ通アワード2006では優秀賞(リアレンジ賞)を受賞しました。

本編以外に最大4人まで参加できるミニゲームも収録されています。

ニュースーパーマリオブラザーズ3
今作は初代『スーパーマリオブラザーズ』のような、少ないボタンで爽快感を味わえる横スクロールアクションゲームを目指して製作されました。
実際、使用するのはYボタン、Bボタン、スタートボタン、十字キーのみです(YとBはXとAでも代用可)。

グラフィックは3D、操作感覚は2Dという感じです。
ニュースーパーマリオブラザーズ6
ステージゴールは懐かしいポールフラッグ式。条件が揃えば花火も打ちあがります。
ニュースーパーマリオブラザーズ7
『64』で登場した新しいアクションも搭載されています。
上記画像はブロックを破壊できる「ヒップドロップ」。スーパーキノコを取っていない、通常のマリオ状態でも出せますが、ブロックを壊せるのはスーパーマリオ以上の状態のときのみです。
ニュースーパーマリオブラザーズ8
もうひとつが壁キック。三角跳びのように壁を蹴って反対側へジャンプします。
後半になるとこのアクションを多用する場面が出てくるので、慣れないと後々辛いです…。
また、壁キック後は『ロックマンX』のように壁を滑ってゆっくり降りて来れます。
ニュースーパーマリオブラザーズ1
今作では過去作のようにマップも採用されています。ほぼ横一直線ですが、中には隠しコースやショートカットコースもあります。クリアしてもアイコンが赤いままのステージは別ルートのゴールが隠されているので、隠し要素を見つける目安になります。
ニュースーパーマリオブラザーズ2
マップ上の下画面。タッチで瞬時にワールド間を移動できるのは楽でいいですよね。
ちなみに私はまだ全てのステージを出現させられてません(^^;)
ニュースーパーマリオブラザーズ4
ステージギミックは『1』から『ワールド』までのものと、オリジナルのものがあり、かなり豊富です。私はこれが『64』以降初めてプレイしたスーパーマリオタイトルなので、ひょっとしたらほかの作品のギミックも登場しているかもしれません。

ちなみに上記画像のマリオは木から降ってきた落雪に埋まっております。
ニュースーパーマリオブラザーズ5
こんなに大きな敵も登場します。今までの2Dスーパーマリオとは毛色がちょっと違いますね。
ニュースーパーマリオブラザーズ9
今作の目玉、破壊神・巨大マリオ。ステージ上にあるあらゆるものを破壊して進む、ある意味進撃の巨人です。
この姿には「巨大キノコ」というアイテムを取るとなれます。

今作は『ワールド』のように余ったアイテムは一個だけストックできるので、極端な話、クッパの目の前でこのアイテムを使えば瞬殺できてしまいます(・∀・) そのときのピーチ姫のリアクションを想像してみてください…。

ほかにも隠しエリアへと進む際に必要になることがある、マメマリオ状態になれるマメキノコや、コウラマリオになれる青コウラなどが新アイテムとして登場します。


で、このゲームどうなのさ? ということですが、私は微妙に感じました…。
過去にゲームで遊んでいて、発売当時ゲームを離れていた人にも楽しんでもらえるように製作されたそうですが、はっきり言って難度が高く、ゲーム離れしてた人はさらに離れたんじゃないか、と。

『スーパーマリオ』シリーズなので難しくて当たり前なんですが、プレイしやすいように使用ボタンを少なくしておきながら、ヒップドロップや壁キックなどのファミコン時代にはなかったアクションを何故つけた? 特に壁キックは連続で出す場面ではタイミングが結構難しく、アクションに慣れる前に萎える可能性もあります。

私はPS2で遊んでいた現役ゲーム野郎だったのでまだなんとか馴染めましたが、このゲームは新規ユーザーや過去ユーザーにはキツかったと思います。

システム的にも、砦や城をクリアしたり、スターコインを消費して道を作ったりした際にしかセーブできないのは携帯機としてどうなのかなと思いました。自由にセーブできないのは『ワールド』の仕様なので、なんでここであれを引っ張り出したのか…(; ̄Д ̄)

決してつまらない訳ではないんですが、その代わりに面白い訳でもなかったというのが正直な感想です。
ほとんどワクワクしませんでした。シビアな場面では手に汗は握りましたが。


総評:私のメガネにあまりかないませんでした…。
なんで国内で600万本以上も売れたのか理解に苦しみます…。
このソフト以降、『スーパーマリオ』シリーズは買っていません。DSのボタンを全部使って遊ぶ『ワールド』を超える作品を期待していたんですけど…、今からでも3DS向けに作って欲しいですね!


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

Amazonゲームランキング