ストレンジ ジャーニー
真・女神転生 STRANGE JOURNEYは、2009年にアトラスから発売された、ニンテンドーDS用のRPGです。開発はアトラスとランカースが行いました。

今作は真・女神転生のナンバリングタイトルではなく、外伝的な位置づけです。ですが私にとっては初の真・女神転生ゲームとなりました。

~ストーリー~
21世紀初頭、南極に突如として出現した「シュバルツバース」と呼ばれる謎の巨大空間。世界には大規模なブリザードと発表されたが、それは国連がメディアに流した虚偽の情報で、実質はあらゆる物質を飲み込み、拡大を続ける超常現象だった。送り込んだ無人探査機はことごとくシュバルツバース内で「破壊」されたが、送られてきた映像は奇妙なことに戦場や歓楽街など、人間社会の文明のものだった。
事態を重く見た国連は、シュバルツバース内部に有人探査機を送り込む最終プラン「シュバルツバース調査隊」を設立させた。主人公は国連が組織した調査隊の一員となり、人類の命運を担った奇妙な旅へ赴くことになった。 
だが、揚陸艦4隻中3隻がシュバルツバースに進入した際に大規模な損傷を起こし、主人公の乗っている「レッドスプライト号」もまた、不時着してしまうのであった。


このゲームは、悪魔がはびこっているシュバルツバース内を探索し、生き残りのクルーを探し、地上へ脱出する 手段を見つけることが目的です。
町やフィールド移動などはなく、レッドスプライト号を拠点としてシュバルツバース各エリアを探索する、ダンジョンRPGに近い内容となっています。 

ストレンジ ジャーニー1
調査隊の隊長・ゴア。一言で言うとタフガイ。カリスマ的なリーダーシップを持っている人物です。
ちなみにこれは進入前の時点。進入後トラブルに見舞われても、冷静に対処しクルーをまとめようとします。
ストレンジ ジャーニー2
「ブルージェット号」」の機動班・ヒメネス。一兵卒からの叩き上げの軍人ですが、利己的で現実主義なところがあり、今回この作戦に参加したのも報酬が目当て。
1匹狼かと思いきや、主人公とはシュバルツバース内でコミュニケーションを積極的にとってきます。

ヒメネスが説明している「デモニカスーツ」は想定されるあらゆる過酷な環境でも最高のパフォーマンスを発揮できる特殊スーツです。コンピューターも搭載されていて、探索用アプリを追加インストールしたり、悪魔と会話をしたりできます。 
ストレンジ ジャーニー3
レッドスプライト号の指令コマンド・アーサー。
彼から発令されるミッションをこなすことでストーリーが進行していきます。

ストレンジ ジャーニー4
エリア内探索画面。
フィールドは上画面に3Dで表示され、進むごとに下画面にオートマッピングされます。
マップにはダメージゾーンやセーブターミナル、アイテムや武具を製作する材料となる「フォルマ」など、様々な情報がアイコンで記されます。

正直このオートマッピング機能がなかったらクリアできなかったですね。ダンジョンは全体を通してかなり複雑なつくりになっているので、攻略に行き詰ったらまだ行っていない場所を探すのに非常に便利でした。それにゲームの仕様上、ミッションをクリアをするとレッドスプライト号をに戻ってまた新たなミッションを受ける、というケースが多いので、目的地に最短距離で移動するためにも役に立ちました。

ストレンジ ジャーニー5
これがフォルマ。移動中にデモニカがフォルマ反応を見つけるとマップに位置が表示され、解析すると手に入ります。これを集めてレッドスプライト号のラボに持って行くと、資材班がアイテムや武具などを製造してくれます。でもなぜか製造したものを渡してもらうには、お金を払わないといけないんですよね…。あこぎな商売ですな。
ストレンジ ジャーニー6
ダンジョン内では機動班クルーが散開していて、会うと会話が出来ます。
クルー以外にも会話が出来る悪魔もいて、彼らの中にはクリアすると報酬が貰える「EXミッション」の依頼をしてくる者もいます。いわゆるクエストですね。
もちろんこれはクリアしなくてもストーリーを進ませることは出来ます。
ストレンジ ジャーニー7
ダンジョン内でエンカウントが起こると、まず「戦闘」、「会話」、「逃走」の3つからコマンドを選べます。
戦闘を選ぶと音楽が一変してコマンド入力が始まります。オートバトルもできます。
会話はシリーズお馴染みのシステムで、悪魔の機嫌が良くなり、交渉ができる状態まで雰囲気が良好になると「仲魔」に誘ったり、お金やアイテムを要求することができます。

下画面には敵悪魔のアナライズ結果が表示されます。初めて遭遇した敵はアンノウンとしてグラフィックも表示されませんが、2戦目以降はグラフィック表示され、アナライズも戦うごとに進んでいきます。

ストレンジ ジャーニー8
こういうダークで現実味がある台詞を見られるのはメガテンならではですね。
ストレンジ ジャーニー9
このゲームでは悪魔の問いかけに対してどの選択肢を選ぶかで主人公の「スタンス」が変わっていきます。スタンスとはLAW、NEWTRAL、CHAOSの3種で、必ずどれかのスタンスに属します。悪魔もスタンスを持っていて、対極のスタンス同士だと会話に成功しても仲魔になってくれない場合があります。

また、パーティー内に自分と同じスタンスの仲魔がいると、その仲魔か主人公が敵悪魔の弱点を突いたときに一緒に追撃してくれます。これが「デビルCo-op」というシステムで、同じスタンスの仲魔同士でも発生します。
ストレンジ ジャーニー10
今作には『ペルソナ3、4』でもお馴染みの「悪魔全書」が搭載されています。1度仲魔になった悪魔はこの悪魔全書に登録され、有料で召喚することができます。
悪魔合体やレベルアップで強化された仲魔は、上書きすることで強い状態で召喚できるようになりますが、金銭コストが上がります。

ちなみに今作の悪魔合体は「2身合体」と、決まった素材悪魔の組み合わせで特定の悪魔を召喚する「特殊合体」のみです。
3身合体はありませんが、精霊悪魔を合体に用いて合体結果の悪魔のランクを上下させる俗に言う精霊合体や、合体した悪魔の能力を上げる御霊合体などがあり、法則も奥深いものとなっています。


クリアしての感想は「難易度高!」「暗すぎる…」というものでした。特に戦闘に関しては雑魚戦でも油断していると全滅しかけるというバランスで、メガテンの硬派さを味わうことが出来ました。ボス戦では「これ本当に勝てるのか?」と思ったことも度々です。だからこそ悪魔合体やレベル上げが重要になってくるわけですが。

「暗すぎる…」というのは、異界の閉鎖空間での悪魔との戦いというシチュエーションになっているので、雰囲気がかなりダークなことを表しています。人によってはこのストーリーは受け付けないかもしれません。

エンディングはLAWルート、NEWTRALルート、CHAOSルートの3つに分かれていて、私は初めはNEWTRALルートでクリアしました。現在2週目でCHAOSルートを進んでいます。引継ぎがあるのでサクサク進めて楽です(笑)

総評:私のメガネにかないました!
流石ネットショップ等で絶賛されたゲームだけあって、遊び甲斐がありました。
ダンジョン内にセーブポイントが多めに設置されていて、ちゃんとユーザーを意識して作られたゲームだと感じました。
3DSの『真・女神転生Ⅳ FINAL』の次はこのゲームをプレイされてみては如何ですか?


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。