ハーイ! 今週も火曜の午後11時55分がやってまいりマシタ☆
今週もワタクシDJタケシ・ヤマモトがみなさんに小話を披露しますよ~!!

みんな、今週も耳の穴かっぽじって聞いてネ☆☆



さて、早速まいりましょーう!
今週のお話のタイトルは…『こっくりさん』!! 知らない人はほとんどいないというほどの有名な交霊術系占いだよね。


あるところに、こっくりさんをするのが趣味な女の子、舞子ちゃんという娘がいました。

今日もいつも通りこっくりさんを始める舞子ちゃん。

みんな、こっくりさんをするのには事前に色々準備しなければならないのは知っているよね?

舞子ちゃんはもう熟練者の域に達していたから、今日もその準備にぬかりはなかった。専用の紙やコインなどを用意し、そしてこっくりさんの好物の油揚げもお母さんに頼んで買ってきてもらっていた。「夜食にきつねうどんを作るの」って言ってね☆ 

「こっくりさん、こっくりさん、どうぞおいでください…」

開始の呪文を唱えて、こっくりさんを降霊する舞子ちゃん。

すると、ヒューッと部屋の中に一陣の風が吹いた。いつもこっくりさんが降霊したときに吹く風だ。

…いらっしゃった。舞子ちゃんは心の中で確信した。

「こっくりさん、お出でになりましたのなら、どうぞ鳥居から出て『はい』の文字へご移動ください」

いつもなら、ここでコインが紙の『はい』と書かれた箇所へ移動するんだ。



でも。





その日は違った。















『そ』










『れ』










『は』










『あ』










『つ』










『あ』










『げ』










『だ』

















じゃあ来週もヨロシク・ゲッチュー!!