メガネなゲームレビュー

メガネが生活に必須なゲームフリークが、ゲームレビューと様々なゲーム情報をアップしていくブログだったのは過去の話。

2016年02月

こんにちは、ふじまろです( ´∀`)

以前、『テトリス』にハマッてしまい、ゲームボーイごとテトリスを買ってしまったユニークな叔母のお話を記事に書いたことを覚えてますか?
実は購入から数年後、ゲームボーイ本体が壊れてしまい、ソフトは近所の子供にあげたんだそうです。


時は流れ、3年くらい前に伯父夫婦の家に遊びに行った時、DSLiteとテトリスと麻雀ソフトを持って行ったんですよ。そしたら叔母はもちろん、伯父までもDSに夢中になってしまい、私のことはほったらかしてDSばっかりやっていたんですね(笑)

それで自分たちも欲しい、ということになり、画面が大きいDSiLLと、同じソフトを池袋までお使いして買ってきました( ̄▽ ̄;) 私が猫カフェに行きたかったので池袋まで出てみました(猫好き)。

「画面が大きい! 見やすい!」」と当時お二人とも喜んでくれました(´∀`*)


さらに時は流れ、昨年父方の祖父の法事でその叔母と再会した際、伯父が病気で入院し、今も通院していることが判明。一時は大好きな酒も飲めなかったとか…。
ついでですけど、私も酒好きでした(笑) やっぱり酒は日本酒に限る…。今は飲んでませんが。。。

それで伯父の快気祝いと叔母の古希祝いも兼ねて、DSのソフトをプレゼントすることにしました。

伯父用 (640x480)
これは伯父用。
『銀星将棋DS』。今プチプレミアがついていてネットで買うと高いんですが、偶然とある店舗でそれよりも安く買えました!
私は将棋は一応出来るんですが、めちゃくちゃ弱いので今まで将棋ソフトには手を出していません…。一局指すと疲れますし。やっぱりテーブルゲームは麻雀が最高です!

伯父は将棋ファンで、日曜の昼にやっている将棋のTVを欠かさず見たり、書籍を買ったりするほどらしいのですが、真に残念なことに周りで将棋を指せる人がいないんだとか。
伯父には昔からの友人が多いらしいんですが、誰も指せないなんて年齢的にオカシイ!!
と、言うわけでDSの将棋ソフトの中で1,2位を争う難易度のこのソフトを選びました。

叔母用 (640x480)
こっちは叔母用。
過去レビューでも書いた『もじぴったんDS』です。叔母はクロスワードをやるみたいなので、これはうってつけじゃないかと思って、プレゼント用に調達しました。
これもネットの中古よりも安く買えたんですよね。

今日送ろうと思っていますが、昨夜その旨を電話で叔母に伝えたら、なんとDS本体をもう一台購入していたとか!! 



素晴らしい。



大方、伯父が麻雀ソフトばっかりやっていて叔母がテトリスできないものだから、自分用に買ったんでしょう。
う~ん、ゲーム機が1人1台。理想の環境ですね。
ゲーム人口が増えるのは、いちゲームファンとしては嬉しい限りです。
ゆくゆくは「一億総ゲーマー社会」になればいいと思っています。いや、本気で。

どんな趣味を持とうが人それぞれですが、皆とりあえず何かしらの好きなゲームがあるという社会が私のちょっとした理想の社会です。若者よ、浅はかな事件起こす前に格闘ゲームやギャルゲーなどで気を静めなさい!! シューティングも爽快感があっていいぞ! 『R-TYPE』は難しすぎてお勧めできないけどな!! 


と、言うわけで込む前に早速郵便局に行って荷物を出そうと思います。


みなさんも素敵なゲームライフを!!(*´∇`*)


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。



sale58
PS Storeにて、複数のソフトのセールが始まりましたので、情報をアップします(*・ω・)ノ
尚、価格は税込(8%)です。


□マーベラス「新生活応援!期間限定”半額”ご奉仕キャンペーン」
期間:3月31日(木)迄

【PS Vita】
・アサルトガンナーズ  760円
・ヴァルハラナイツ3 GOLD  2,200円
・『デカ盛り 閃乱カグラ』本体パックA+Bセット 全曲入り大盛りデジタルサウンドトラック付き    1,900円
・『デカ盛り 閃乱カグラ』本体パックB+Aセット 全曲入り大盛りデジタルサウンドトラック付き    1,900円
・『デカ盛り 閃乱カグラ』本体パックA (半蔵・紅蓮)  1,250円
・『デカ盛り 閃乱カグラ』本体パックB (月閃・蛇女)  1,250円
・閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明- PlayStation®Vita the Best 特典付  1,800円
・幕末Rock 超魂(ウルトラソウル)  2,750円

【PSP】
・一騎当千 XROSS IMPACT Best Collection  770円

【PSP/PS Vita】
・幕末Rock 超魂(ウルトラソウル)  2,500円
・一騎当千 Eloquent Fist Best Collection  770円
・勇者30 PSP® the Best  770円
・勇者30 SECOND Best Collection  1,080円
・グランナイツヒストリー PSP® the Best  1,080円
・家庭教師ヒットマンREBORN!バトルアリーナ Best Collection  770円
・家庭教師ヒットマンREBORN!絆のタッグバトル Best Collection  770円
・VALHALLA KNIGHTS -ヴァルハラナイツ- PSP® the Best  770円
・VALHALLA KNIGHTS 2 PSP® the Best  770円
・VALHALLA KNIGHTS 2 BATTLE STANCE Best Collection  770円
・牧場物語 ハーベストムーン ボーイ&ガール PSP® the Best  770円
・イノセントライフ~新牧場物語 Best Collection  770円
・FISH EYES PORTABLE  770円
・アナタヲユルサナイ AQ the BEST  770円


ラインナップは以上です。
それにしても、2月の下旬からもう新生活にタイアップしたセールを行うとは、マーベラス社も気が早いですねw
まあ私立大学や国公立前期課程ならもう結果は出てますか。

今回ソフトを携帯機に絞ったのは、恐らく引越しの移動中や、引越し先ですぐにプレイできるようにとの配慮かな、と個人的に解釈しました。粋なことしてくれますね。
 
宜しければお買い物の参考にしてみてください。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

Amazonゲームランキング

いけにえと雪のセツナ
いけにえと雪のセツナは、2016年にスクウェア・エニックスから発売された、PS4用とPS Vita用のRPGです。異なるハード向けに同時発売されたマルチプラットフォームソフトです。開発はTokyo RPG Factoryが行いました。
キャッチコピーは「あの頃、みんなRPGに夢中だった。とりもどそう、ボクたちのRPG-。」


スーパーファミコンの時代のRPGを目指して製作されたとあって、イベントムービーやイベントボイスはありません。シナリオもほぼ一本道でシンプルですが、意欲的なシステムが複数導入されています。

~ストーリー~
この世界では魔物を鎮める為、ある村に住む女性が10年に1度「いけにえ」となり、最果ての地へと向かうという悲しい慣わしがあった。
ある年、いけにえを出したにも関わらず、魔物の数が一向に減らないという事態が起きた。中には魔物によって滅ぼされる町や村も現れ、被害はどんどん広がっていった。
こうして、前回のいけにえの派遣からわずか1年でまたいけにえが送り出されることになった。
傭兵である主人公もまた、護衛の一人としてこの旅に同行することになるのであった。

いけにえと雪のセツナ1
フィールド画面では往年の名作『クロノ・トリガー』のDNAを受け継いでいるとあって、移動に特化しています。エンカウントもありません。
雪に覆われた世界が今の季節にマッチして、気分が少し高揚しますね。

このゲームのBGMはほとんどピアノのみで演奏されたものです。それが魔物に脅かされる儚い雪の世界と「いけにえに向かう旅」という悲しげなストーリー にマッチして非常に印象に残りました。
いけにえと雪のセツナ2
戦闘はクロノ・トリガーと同じ「ATBVer.2」が採用されていて、ATBゲージが溜まったキャラから行動できます。

さらに今作では「SPゲージ」を利用しての「刹那システム」が採用されています。キャラクターのステータスを表すボックスのそれぞれ右側にある球体がSPゲージです。満タンまで溜まると結晶のようなものが1つストックされます。これがSPです。最大3つまでストック可能です。

SPがある状態で攻撃したり魔法を使ったりすると、キャラクターの頭上にマークが出現します。その際にタイミングよくボタンを押すことによって、追加ダメージを与えたり、補助効果の延長化ができたりなど、戦闘を有利に進められる様々な効果が追加で発生します。 これが刹那システムです。

刹那システムが成功すると、上記画像のように左側にSPアイコン付きで刹那システムが実行される行動内容がで示されます。
いけにえと雪のセツナ3
これは「キール」の「フレア」。刹那システムのお陰でいつもより多めに爆発しています。
いけにえと雪のセツナ4
これは「ヨミ」の「かまいたち」。とにかくこのゲームは視覚エフェクトが鮮やかで派手! 見応えがあります。
いけにえと雪のセツナ12
お馴染みの「連携技」もバッチリあります。
でも今作では序盤以外あまり使わなかったですね…。SP消費が高めの技が多かったので。
いけにえと雪のセツナ5

このゲームでは戦闘で勝利してもお金が手に入らない代わりに、「素材」が手に入ります。素材は同じ魔物でも、倒し方によって入手できるものに変化が生じます。この素材を売って旅の路銀にする訳です。
素材を売ると、「法石」と呼ばれる特殊なアイテムと交換できるようになります。法石は『FF』で言うアビリティをキャラクターにセットさせるものです。法石によって必要な素材とその売却数が異なるので、お目当てのものを目指して属性や刹那システムを使うなどして色々な敵の倒し方をしてみるのも、このゲームの楽しみ方の1つです。
いけにえと雪のセツナ6
法石は「法器」という装備アイテムにはめ込むことで使用できるようになります。『FFⅦ』の「マテリアシステム」に近いですね。法器自身も装備するとクリティカル率アップやMPアップなど、特殊な恩恵を得られるものがあります。
そして法器の真骨頂は法石を「昇華」させること。昇華とは、ダメージアップやMP消費量ダウンなど、特殊な効果を法石に付加させる現象のことです。
いけにえと雪のセツナ7
刹那システムを多用した法石は昇華の確立が高まります。
上記画像では、キールの「ファイガ」が5回目の昇華を迎えたことを表示しています。威力アップが4、行動後ATB増が1付加されています。

ちょっと分かりづらいシステムですが、プレイしていく中で私は段々理解することができました。
でもオールドRPGを目指すならこんな分かりにくいシステム、いらなかったのでは…( ̄ロ ̄;)
いけにえと雪のセツナ9
戦闘はダンジョンや町や村でのイベントで発生します。
ダンジョンは雪の世界を反映して、氷や結晶で覆われた寒冷洞窟や山などがほとんどですが、このようにギミックがある遺跡も登場します。
いけにえと雪のセツナ10
このゲームを彩る数々のキャラクター。特に仲間キャラは最近のRPGでありがちな、狙ったようなおかしな設定がなく、好感が持てます。 最後までキャラがブレず、物語が終わりに向かうにしたがって成長していく様は、スーファミ時代のスッキリした無駄な設定のないキャラクターたちを思い出させてくれますね。
いけにえと雪のセツナ11
個人的に一番好きな「ジュリオン」。王家の血を引きながら、勇敢で知も併せ持っている女性騎士です。
結局みんな好きになっちゃったんですけどねえ(笑) いい奴らばっかりで…。特に「セツナ」は優しすぎる。きっといいお嫁さんになるタイプです。


このゲーム、本当に無駄が無くスッキリしていて、存分にストーリーを楽しめるようになっています。クエストなんてものはありません。
戦闘バランスは序盤は少し甘めですが、中盤以降は法石や装備品でしっかり身を固めないときつくなってきます。特にボス戦。初見だとボスの攻撃に対処できないケースが出てきて、結構ボスにやられてゲームオーバーになることが多かったですね~。でも対策をしっかり練れば再戦して勝てるという、絶妙なバランスだと思います。

そして欠点ですが…
残念ながら結構あるんですよ。。。

・町や村に宿屋が無い。旅をしている感がちょっと薄れる
・戦闘時「逃げる」コマンドがない。専用消費アイテムを使わないと逃げられない
・プレイタイムが表記されない
・ロード時間が若干長い(家屋の出入りに3秒程、イベントで5秒程)
・イベント導入時に処理落ちすることがある
・範囲攻撃の効果範囲が示されないのでどこまで届くか分からない

ロードと処理落ちはVitaだからという噂です。元々PS4向けに作られたゲームをVitaに詰め込んだせいかどうかは分かりませんが…。
処理落ちはやばい時はフリーズします。私はラスボス撃破後にフリーズしました(大泣き)。あれ、前にもスクエニのゲームでこんなことがあったような…。

まあ粗はありますが、肝心のストーリーがかなり良かったので、私個人としては満足できました。終盤になると、このゲームのタイトルの意味が分かるようになっています。そしてラストは…。これはもうRPGファンなら自分の目で確かめてください。

本作とのクロノ・トリガーとブレイブリー・デフォルトの繋がりを探すのも楽しいですよ。思わずニヤリとさせられます。ブレイブリーのほうはまさか…! と嫌な汗が出そうでしたが(笑)
1週クリアするまでのプレイ時間は、法石集めやレベル上げなどのやりこみをあまりやらず、30時間未満程度だったと思います。


総評:私のメガネにかないました!
こんなにもせつないストーリーはゲームボーイの『聖剣伝説』以来でしょうか。
粗はありますが、光る部分が多いゲームなのでオールドRPGファンにはプレイして頂きたい、そう思います。
プレイするならPS4版が良さげですよ。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。 

どうもっ! ふじまろです(*・ω・)ノ

昨日はPS4/PS Vitaの『いけにえと雪のセツナ』の発売日ということで、新宿ビックカメラ前には長蛇の列が…できなかった。

私はネットで注文し、昨日中に届く予定だったので、まだかまだかと昼寝をしながら気を揉んで待っていました。

途中12時頃呼び鈴が鳴ったので部屋に備え付けの応対受話器に出たところ、「すいません、まちがえました~」。
期待させておいてさらに睡眠の邪魔をしおって…! とはあまり思わず、すぐまた惰眠をむさぼる私。

13時過ぎには目を覚まし、昼食を食べ、風呂に入って育毛し、風呂上りにストレッチをしているところへやっとブツが届きました。

私が買ったのはVita版。なぜなら、PS4版買おうがVita版を買おうが、どっちみちTVでプレイするので、だったら消費電力が少ないVita TVで遊べるほうを選んだのです。多分こっちのほうがローディング短いし。


2016-02-18-153604
プレイを開始して最初の印象。とりあえずグラフィックとピアノ音楽。まずこれが凄い。
木に近づくと、落雪する、雪の上を歩くと長い足跡がつく、など細かい演出もなかなか凝っています。
2016-02-18-161123
ヒロインのセツナは某3DSRPGの「アニ○ス」みたいな人だな、と最初は思いましたが、彼女よりずっと常識人だったので「あ、これは安定したヒロインだわ」と思いました。
2016-02-18-173911
このゲームの醍醐味、戦闘。
システムは『クロノ・トリガー』のATBVer.2を使用。やっぱATBいいっすわ。
技しか持っていないキャラも「魔法」というコマンドで統一されているのはちょっと違和感がありますが…。

今作で導入された、「SP」という自動で溜まる値を利用する「セツナシステム」。これはコマンド入力後、キャラが実行中マークが出た時点でタイミング良くボタンを押すと、そのコマンドが強化されるというもの。通常攻撃ならダメージが増え、魔法なら付加効果が発生…という感じです。
コマンドごとにマークが出るタイミングが違うので、色々なコマンドを使って練習したくなります。
2016-02-18-175813
連携技ももちろんあります。そしてこの連携技でも「セツナシステム」が使えます。連携に参加した人数分SPを消費しますが。

戦闘バランスは少し甘めで、序盤は特にレベル上げをしなくてもガンガン進めます。私はまだ序盤なのでこれ以降はどうなるかわからないですけど(^^;


戦闘以外のシステムについてはちょっと癖があります。

装備品は武器が防具の役割も果たしています。そして売れません。

魔法や技を覚えるのには「法石」というアイテムが必要で、それを装備する為に「法器」という装備品が必要になります。法器によって法石を装備できる数が決まっているので、法石を装備できる数を取るのか法器の特殊能力を取るのかを状況によって選ぶことになります。

お金は敵を倒しても手に入らないので、『ペルソナ4』のように素材アイテムを売ってお金にします。素材アイテムを一定値売ると、新しい法石が手に入る仕組みになっています。


とりあえず今のところは面白いです。
セツナが最終目的地で「いけにえ」になる為の旅という、悲しげなストーリーがグイグイ引き付けてくれます。
そしてピアノを主旋律としたBGMと雪に覆われた大地がさらにそれを引き立てます。


少し気になるのがロード時間。建物や村への出入りに3秒くらいかかります。噂だとPS4版はこのロードがほとんどなく、サクサクプレイできるとか。

今から購入を考えている方はPS4版のほうがいいかもしれません。


公式がストーリーはスーパーファミコン程度のRPGの長さにすると言っていたので、プレイ中の『戦場のヴァルキュリア リマスター』は一旦寝かせて、こっちを先にクリアしようと思います。

クリアしたら早速レビューしますね♪

ではでは。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。


ニュースーパーマリオブラザーズ
New スーパーマリオブラザーズは、2006年に任天堂から発売された、ニンテンドーDS用のアクションゲームです。開発も任天堂自身が行いました。
日本国内だけで約640万本以上を売り上げ、世界で3,000万本以上売り上げた超ヒットタイトルです。これは日本におけるニンテンドーDSソフトの最高売上記録となっています。
日本ゲーム大賞の2007年度優秀賞を受賞し、ファミ通アワード2006では優秀賞(リアレンジ賞)を受賞しました。

本編以外に最大4人まで参加できるミニゲームも収録されています。

ニュースーパーマリオブラザーズ3
今作は初代『スーパーマリオブラザーズ』のような、少ないボタンで爽快感を味わえる横スクロールアクションゲームを目指して製作されました。
実際、使用するのはYボタン、Bボタン、スタートボタン、十字キーのみです(YとBはXとAでも代用可)。

グラフィックは3D、操作感覚は2Dという感じです。
ニュースーパーマリオブラザーズ6
ステージゴールは懐かしいポールフラッグ式。条件が揃えば花火も打ちあがります。
ニュースーパーマリオブラザーズ7
『64』で登場した新しいアクションも搭載されています。
上記画像はブロックを破壊できる「ヒップドロップ」。スーパーキノコを取っていない、通常のマリオ状態でも出せますが、ブロックを壊せるのはスーパーマリオ以上の状態のときのみです。
ニュースーパーマリオブラザーズ8
もうひとつが壁キック。三角跳びのように壁を蹴って反対側へジャンプします。
後半になるとこのアクションを多用する場面が出てくるので、慣れないと後々辛いです…。
また、壁キック後は『ロックマンX』のように壁を滑ってゆっくり降りて来れます。
ニュースーパーマリオブラザーズ1
今作では過去作のようにマップも採用されています。ほぼ横一直線ですが、中には隠しコースやショートカットコースもあります。クリアしてもアイコンが赤いままのステージは別ルートのゴールが隠されているので、隠し要素を見つける目安になります。
ニュースーパーマリオブラザーズ2
マップ上の下画面。タッチで瞬時にワールド間を移動できるのは楽でいいですよね。
ちなみに私はまだ全てのステージを出現させられてません(^^;)
ニュースーパーマリオブラザーズ4
ステージギミックは『1』から『ワールド』までのものと、オリジナルのものがあり、かなり豊富です。私はこれが『64』以降初めてプレイしたスーパーマリオタイトルなので、ひょっとしたらほかの作品のギミックも登場しているかもしれません。

ちなみに上記画像のマリオは木から降ってきた落雪に埋まっております。
ニュースーパーマリオブラザーズ5
こんなに大きな敵も登場します。今までの2Dスーパーマリオとは毛色がちょっと違いますね。
ニュースーパーマリオブラザーズ9
今作の目玉、破壊神・巨大マリオ。ステージ上にあるあらゆるものを破壊して進む、ある意味進撃の巨人です。
この姿には「巨大キノコ」というアイテムを取るとなれます。

今作は『ワールド』のように余ったアイテムは一個だけストックできるので、極端な話、クッパの目の前でこのアイテムを使えば瞬殺できてしまいます(・∀・) そのときのピーチ姫のリアクションを想像してみてください…。

ほかにも隠しエリアへと進む際に必要になることがある、マメマリオ状態になれるマメキノコや、コウラマリオになれる青コウラなどが新アイテムとして登場します。


で、このゲームどうなのさ? ということですが、私は微妙に感じました…。
過去にゲームで遊んでいて、発売当時ゲームを離れていた人にも楽しんでもらえるように製作されたそうですが、はっきり言って難度が高く、ゲーム離れしてた人はさらに離れたんじゃないか、と。

『スーパーマリオ』シリーズなので難しくて当たり前なんですが、プレイしやすいように使用ボタンを少なくしておきながら、ヒップドロップや壁キックなどのファミコン時代にはなかったアクションを何故つけた? 特に壁キックは連続で出す場面ではタイミングが結構難しく、アクションに慣れる前に萎える可能性もあります。

私はPS2で遊んでいた現役ゲーム野郎だったのでまだなんとか馴染めましたが、このゲームは新規ユーザーや過去ユーザーにはキツかったと思います。

システム的にも、砦や城をクリアしたり、スターコインを消費して道を作ったりした際にしかセーブできないのは携帯機としてどうなのかなと思いました。自由にセーブできないのは『ワールド』の仕様なので、なんでここであれを引っ張り出したのか…(; ̄Д ̄)

決してつまらない訳ではないんですが、その代わりに面白い訳でもなかったというのが正直な感想です。
ほとんどワクワクしませんでした。シビアな場面では手に汗は握りましたが。


総評:私のメガネにあまりかないませんでした…。
なんで国内で600万本以上も売れたのか理解に苦しみます…。
このソフト以降、『スーパーマリオ』シリーズは買っていません。DSのボタンを全部使って遊ぶ『ワールド』を超える作品を期待していたんですけど…、今からでも3DS向けに作って欲しいですね!


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

Amazonゲームランキング 

↑このページのトップヘ