メガネなゲームレビュー

メガネが生活に必須なゲームフリークが、ゲームレビューと様々なゲーム情報をアップしていくブログだったのは過去の話。

2016年09月

ここは剣と魔法の国、カナダ。

谷本は家路を急いでいた。

すると金髪の20代前半と思われる、やや細身の女性が谷本の前に立ちふさがった!!

「HEY! ファッキンジャップ!! アタイを抱いてみな!!!」






当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。 


 

ペルソナ5_20160915224017
ペルソナ5は、2016年にアトラスから発売された、PS4・PS3用のRPGです。
ペルソナシリーズ20周年を記念して、様々なグッズを同梱した『20th アニバーサリー・エディション』も同時発売されました。


この記事は正式なレビューではありません。
また投げました。。。
なので私がプレイした時点までの感想と、ネタバレにならない程度の既に開示されている情報のみ記載していきます。プレイ時間は約20時間です。また、過去記事にもあるようにペルソナシリーズはナンバリングタイトルは全てプレイ済みです。

尚、バッドに感じたポイントを結構挙げているので、この記事を読まれて中には不快に感じる方も出てこられると思いますが、そこは自己責任でお願い致します。当然、このままブラウザを閉じて頂いても構いません。
ペルソナ5_20160916130021
今回の物語の舞台は東京。ペルソナシリーズでは初めて実在する都市が舞台です。
物語は大都会のカジノから始まります。
ペルソナ5_20160916130118
カジノに潜入し、宝物を入手した主人公。天井付近を跳び回り、シャンデリアに跳び移って真下の客を不敵に見下ろすところまで美麗なアニメーションで描かれています。
ペルソナ5_20160916130206
今作は主人公たちが怪盗団という設定で、探索パートでは移動の際にジャンプやよじ登るといった怪盗らしいアクションを要求される場面があります。いずれも○ボタンひとつで行えるので、アクションゲームのような難しさはありません。高い場所を次々にジャンプして跳びまわるのは、怪盗らしさを堪能できて楽しかったです。
ペルソナ5_20160916130322
戦闘システムの基本は『3』、『4』に準じたものとなっています。異なる点は『1』以来の銃がメイン武器とは別に装備・使用可能になったことや、ザコシャドウと会話をして新たなペルソナにしたり、金品を要求できるようになったりした点ですね。銃にはちゃんと属性が割り当てられています。個人的に『1』で頼りになった銃が復活したのは思い入れもあって嬉しかったですね。
また、懐かしいスキルが復活したり、新スキルが追加されたりして、攻撃手段が増加して戦闘の戦略性が増しました。
ペルソナ5_20160916130358
弱点属性を突く・突かれるとダウンするシステムは健在です。敵全員をダウンさせられれば上記の会話を行えたり、おなじみの総攻撃をかけたりすることができます。
今作ではペルソナコマンドを選択するだけで装備ペルソナが現れるようになっていて、主人公たちの異能力者的な表現が強調されかなりカッコよくなっています。これはまさに私好みの演出!
ペルソナ5_20160916130859
走ると何故かインクが飛び散ります。
ペルソナ5_20160916131225
今回の探索パートでは、怪盗らしくいかに敵に見つからずに探索できるかがテーマになっています。基本、正面からのアタックはNGになっています。なので死角からの不意打ちが基本になるのですが、それを手助けするのがこのカバーアクション。このアクションを利用すると、設置物から設置物へと身を隠しながら瞬時に移動できます。

この後、主人公がカジノの建物から脱出した後の顛末までがオープニングになっています。これ以降は現在ムービーもスクリーンショットも撮れない仕様になっています。
ネタバレ防止の為、ストーリーに関する記述はここまでにします。


このゲームで素晴らしいと感じた点は、徹底したユーザービリティの向上を図っている点です。

まず、字が大きい。海外製ゲームの流行で小さな字がスタンダードになりつつある現在、スクリプトを読むことを主眼とするRPGで文字が大きいという配慮。これが嬉しかったです。

また、過去作で導入したデモやイベントのスキップ・早送り機能、会話のログ閲覧機能などは当然の如く搭載されていて、更にゲーム中いつでも難易度の変更ができるようになっています。難易度変更が可能な点には助けられました。今作のダンジョン探索には色々な理由で日数がかかるようになっているので。

大都会・東京が舞台ということで施設がかなり多く用意されていて、アドベンチャーパートの過ごし方の選択肢が一気に増えて楽しみが増したのもグッドです。コープ(『3』、『4』のコミュに該当するもの)のランクアップや主人公の人間力ステータスの増強も考えないといけないので、自由時間に何をしようか迷ってしまうほど。

イベント時はほぼフルボイスなのも豪華。

極めつけは、戦闘時にボタンひとつで自動的に敵シャドウの弱点スキルを表示してくれるアシストボタン機能(弱点が判別していて、所持ペルソナの中にその弱点スキルがある場合のみ発動)。戦闘の時間短縮にかなり役立ってくれました。



逆に残念だった点は…

うーん…。

正直かなりあるんですよね(苦笑)。
まあプレイを続けるのが苦痛になって投げたので、それだけに色々あるのですが…。


一番はシナリオと人物の設定です。
私は別作品のレビューでも記述しましたが、RPGはストーリーがキモだと考えています。そしてそれに繋がる登場人物や舞台背景の設定なども重要だと考えているのですが、今作はそれが粗いと感じました。
大筋の根幹部分はしっかりしていると感じましたが、枝葉の部分まで見るとそれがあらわになってきて、プレイし続けるにつれて違和感がどんどん大きくなってしまいました。

今作は主人公たち少年少女怪盗団が、悪い大人を改心させる世直し劇という内容の作品になっています。まだ物事の分別がつかない未成年たちがターゲットをハッキリと「悪人」だと判断できるようにする為か、ターゲットになる人物が極端な悪人に仕立て上げられています。その為強引な人物設定がなされ、矛盾点や首をかしげたくなる点が生まれてしまったのではないかと思いました。具体的に書けないので説明がし辛いですが、実際にプレイをしてみると「いやおかしいだろ」と突っ込みたくなる点が多かれ少なかれ出てくると思います。

また、開発・リリースされた時期の現実世界を反映したシリーズのゲームゆえか、色々な意味でエグい表現や演出が結構出てきます。巨人が人間を喰らう漫画やゾンビが人を喰らう漫画が大ヒットし、社会的不正がはびこるご時勢なので、そういう作風が好きな方には受けると思いますが、苦手な人には辛く感じるかもしれません。私は後者のほうなので、最初のエピソードからキツイな、と感じていました。メンタル弱いですし。

そして行き過ぎたスタイリッシュ路線。狙いすぎていて、私は引きました。特に戦闘後のリザルトシーンが…。それにメニュー画面がちょっと見辛く感じました。グッドポイントでユーザービリティ云々書きましたけど、ここはちょっと過ぎた演出が弊害になっているかな、と。

ペルソナシリーズと言えば上質なBGMが評価されていて、私も大好きなのですが今作は耳に残ったのが戦闘曲と2、3曲くらい。もっと進めれば気になる曲が増えたかもしれませんが。

最後にモルガナ以外の怪盗団のメンバーに愛着が湧かなかった点。自ら世直しをする高校生たちという設定の為か、青草さが強く、ちょっと受け入れられませんでした。


まだまだ例はあるのですが、これ以上は作品そのものの批判になり兼ねないのでここでやめにします。


たかが20時間くらいプレイしただけで何を言ってんだコイツと思う方もいると思いますが、このブログは投げた作品についても記載するブログにしているので記事にしました。ちゃんとお金を払ってゲームを購入させてもらいましたし。

この作品は細かい点さえ気にせず、好きなキャラができればかなり楽しめるゲームだと思います。グッドポイントで挙げたように素晴らしい点が多く存在し、システムが洗練されていますから。私は神経質で肌が合わなかったのでプレイを途中でやめてしまいましたが。シリーズのファンなので悔しいですが、嫌々続けるのは作品に対して失礼ですし、また時間がもったいないと判断しましたので。

最後に、特に抵抗がなければ難易度は低めに設定したほうがこのゲームをより楽しめると思いますよ。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

 

biohazard 4_20160915005145
バイオハザード4(PS4版)は、2016年にカプコンからダウンロード販売された、サバイバルホラーアクションゲームです(同じ作品がXbox One向けにも販売されています)。同年12月にパッケージ版も発売されました。
2005年にゲームキューブ用に発売され、その後多機種に移植、リメイク販売された同名ゲームを再度リメイクし直した作品となっています。

これまでの同名作品と大きく異なるのは以下の3点です。
①画面解像度が1080pまで対応し、フレームレートが60fpsで動作する
②音声出力が5.1chサラウンドに対応している
③操作方法が3種類から選べる

特に③に関しては、TPSゲームに順ずる操作、オリジナル操作方法とTPSゲーム操作がミックスされたような操作、ほぼオリジナル操作方法に順ずる操作の3つから選択でき、ゲーム中にいつでも変更が可能になっています。
ただどの操作方法にしても、他TPSゲームのように右スティックでカメラを移動し、その画面の中を左スティックで移動するということはできません。これには慣れが必要になってくると思います。私はPS2版を4年前にプレイしたきりでしたので、最初かなり操作に戸惑って序盤でいきなりピンチになりました(笑)
biohazard 4_20160831165446
流石に画質が1080pだけあって、グラフィックはかなりキレイです。敵の表情もはっきり見えます。また、高フレームレートに対応しているので敵が大量に画面内に出てきても処理落ちすることなく、滑らかに動きます。壁に引っかかって動けないおマヌケさんはごくたまに出てきますが(笑)
biohazard 4_20160831164450
やはりこのゲームは、ハンドガンでヘッドショット⇒体術で吹っ飛ばす⇒ナイフでトドメを刺すという独特のテンポが最高に気持ちいいですね。この爽快感はPS2時代から変わりません。

武器で言えばショットガンで敵をまとめて吹っ飛ばす爽快さ、ライフルで遠くの敵を狙撃する緊張感、マインスロアーで盾持ちの敵を爆破粉砕する感覚がたまりませんね。
biohazard 4_20160831163601
キャラのCGに関しては、元が元なのでどうしても粗い面が目に付きます。指の関節や鼻の輪郭など…。これはしょうがないですね、まさかカプコンが今更こういう細かいところまでイチから作り直す労力をかけるとは思えませんし。
biohazard 4_20160831165055
アタッシュケースの中や、表示文字もハッキリクッキリ。
この画面からリロードできないのがもどかしい。。。まあ元が10年以上前のゲームですからね。
biohazard 4_20160831211045
個人的にこのゲームはQTEが多すぎだと思います! そんないらねーだろと。特にカイザーウェーブさんとの対戦時はわずらわしかった…。ちなみにPS2版ではR1+L1同時押しだった入力ポイントはR2+L2に変更になりました。なぜ壊れやすいボタンのほうに変えた!!? 力んで押しちゃうので、私のDUAL SHOCK4のボタンが壊れたら原因はこのゲームでしょう(苦笑)。
biohazard 4_20160901180514
伝説の巨人もキレイに描写されています。醜いんだけどキレイ。
biohazard 4_20160901182419
細かいオブジェまでハッキリと描きこまれています。これにはちょっとした感動を覚えました。
biohazard 4_20160901201607
アシュリーへの有名なセクハラもこんな感じで再現できます。
まあプレイ難易度が一定以上なら普通に見えるシーンあるんですけど…。ついでに言っておきますと、揺れます。何がとは言いませんが。
biohazard 4_20160903215702
チャプター終了後のCGはめっちゃキレイになっています。アシュリーの可愛さ3倍増し!
biohazard 4_20160904035316
これが本当のファイヤーダンス。
biohazard 4_20160914183441
biohazard 4_20160904222510
本編クリア後に出現するエイダが主役のコンテンツ、「The another order」と「ADA THE SPY」も当然収録されています。エイダは体術がキック系のみですが、これがまた美麗なんですよね~。操作感覚はレオンとあまり変わらないですけど。
biohazard 4_20160914194410
ただ、「The another order」のムービーが何故か古いままなんですよね。本編はリメイクしているのになぜこっちはしなかったのか。これにはちょっと興醒めでしたね…。まあ本編のCGと見比べて、技術の進歩を確認するという意味ではいいのかもしれませんが。現在のカプコンの仕事に対する姿勢がこういうところに現れている気がしますね。
それからこのコンテンツの難易度が上がった気がします。PS2だと難易度ノーマルくらいに感じたのですが、多分プロフェッショナルくらいに上がっているんじゃないでしょうか。村人が起き上がるのが早い上に弾薬を落とさないのでエライ手こずりました。その後何回かコンティニューをしたら緩くなりましたが。

あ、もちろん「THE MERCENARIES」も収録されています。苦手なので私はあまりやってないですけど(笑) どうも3DSの『THE MERCENARIES 3D』をやりこんだ後だと、プレイ感覚が違いすぎて得点が伸びないんです。まあヘタクソなだけですね!


まあなんやかんや書きましたが、全体的に見ればこのグラフィックとボリュームで2,800円なので、ファンは当然のこと、興味があるという方も購入する価値は十分あると思います。名作アクションシューティングのバイオハザード4の完成版と言っても(多分)過言ではないので、お手持ちのPS4にダウンロードしておいて、いつでも気軽にプレイできるようにしておくのもいいんじゃないでしょうか。ストレス解消になりますし。
トロフィー、クリアタイムのオンラインランキングにも対応しているので、やり込み要素もありますよ。


総評:私のメガネにとてもかないました!!
やっぱりバイオ4は楽しいですね。グラフィックがキレイだと尚更のめりこみます。
人間の形をした人外の敵を発砲して倒すゲームはあまり見ないので、戦争ゲームや対怪物FPSゲームなどに飽きたという方にもおススメです。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

 

sale77
ニンテンドーeショップにて、複数のソフトのセールが始まりましたので、情報をアップします(*・ω・)ノ
尚、価格は税込(8%)です。
今回は物量が多いので、紹介ページへのリンクは省略します( ´_ゝ`) スミマセン…。 


テヨンジャパン設立5周年記念ありがとうセール!
期間:9月14日(水)~9月28日(水)9時59分まで
【3DS】
・9-in-1 アーケードコレクション  150円120円
・CASTLE CLOUT 3D 攻城戦線 キャッスルクラウト  500円250円
・アウトドアズ・アンリーシュド アフリカ3D  500円250円
・オーシャンランナー  500円250円
・ガバナー オブ ポーカー  500円250円
・カラフルリラックス 色彩合わせ  500円250円
・きょうりゅうペット3D  500円250円
・クレイジーカンガルー  100円90円
・クレイジーチキン ディレクターズカット3D  100円90円
・クレイジーチキン パイレーツ3D  100円90円
・小悪魔ココトの宇宙人くずし  500円250円
・スーパーリトルリス3D  500円250円
・スピードX3D  400円200円
・スピード X3D ハイパーエディション  150円120円
・タートルテイル 亀島奪回  300円150円
・ちっちゃなげ~むVOL.1 ナイトとドラゴンのヒマつぶし  300円150円
・ドロップゾーン  500円250円
・バードマニア3D  100円90円
・バードマニア ウィンター3D  100円90円
・ハネカエリーノ  400円250円
・バルダーダッシュXL 3D  500円250円
・ピック・ア・ジュエル  200円100円
・ピックス3D  400円200円
・ブルーキッド2  300円150円
・ペンギンペット3D  500円250円
・ポニーペット3D  500円250円
・モンスターシューター  700円350円
・リーグ オブ ヒーローズ  400円200円
・ロボットレスキュー3D  150円120円

【Wii U】
・キューブライフ:アイランドサバイバル  1,200円1,100円
・ゾンビディフェンス  800円400円
・バードマニアパーティ  200円100円


53%OFF! 期間限定!ケムコスーパーセール
期間:9月14日(水)~9月28日(水)9:59まで
【3DS】
・アルファディア  1,080円500円
・聖戦クロニクル  1,080円500円


ガンダムゲーム30周年『歴代ゲームまつり!』
期間:9月26日(月)23:59まで
【3DS】
・ガンダムトライエイジSP  6,145円4,302円


今回はテヨンジャパンが大セール! &珍しくケムコもセール!! そういえば私、テヨンジャパンのソフト1つも持ってないですね…。『ハネカエリーノ』なんかは割と評判いいみたいですけど。YouTubeでプレイ動画も上がってるくらいですし。う~む。
ケムコのセールはレアなので、お手軽RPGが欲しいという方は是非。

てゆーかそろそろゲームレビューあげないとまずいな…(;´∀`) このブログの存在意義的に。明日は『ペルソナ5』発売するし…。

はい、ということでニンテンドーeショップセール情報でした!!


Amazonゲームランキング
 

遂に新型PS4がベールを脱ぎました!
デザインがこれまでのモデルから一新され、小型化、軽量化、省電力化などに成功したまさに「コンパクトPS4」!!
しかもお値段29,980円(税抜)!! これで学生さんにも手が届きやすいところまできたんじゃないでしょうか。発売日は9月15日(木)とのこと。動画でもタイアップしているように、あの『ペルソナ5』と同じ日ですね。

PS4 2000

小型・軽量化を実現した新型「プレイステーション4」(CUH-2000シリーズ) 

これで持ち運ぶことも楽になって、知人宅や帰省先でプレイができるようになって、PS4がもっと手軽に楽しめるようになりますね。正直、今のモデル(CUH-1200)は重いので持ち運ぶ気にならないですからw 

まあデザインは人それぞれ好みが分かれるでしょうけど、個人的には無難におさえた感じじゃないかなと思います。
カラーは今のところブラックのみのようですが、そのうちホワイトも出すんでしょうか。PS2は軽量化してから色んなカラー出しましたからねー。


そして、この機種とは別に、ハイエンドモデルも発表されました。
PS4 PRO
その名も「プレイステーション4 Pro」。
これまでのシリーズとの違いは映像処理能力。4KTVに対応し、全てのソフトが4Kのグラフィックレベルで楽しめる上、高速フレームレートも安定し、ハイレベルな映像を楽しめるようです。さらに、4K解像度までのビデオ再生にも対応し、Netflix、YouTubeなどの4Kストリーミングビデオサービスを楽しめる模様。

また、4KではないHDTVでも、映像が1080pで出力され、こちらのTVでも更に美しくなったグラフィックを楽しめるようです。
価格は44,980円(税抜)、HDDは1TB、発売日は11月10日(木)です。

さらに進化した高品質なPS4®体験を提供する「プレイステーション 4 Pro」(CUH-7000シリーズ)


これは4KTVを持っていて、もっとPS4の高画質を楽しみたい!というユーザー向けのリッチモデルですね。正直私は魅力を感じないですね、何せ庶民なんで!! 使っているTVも22型のちっさいやつなんで!!!


この2機種のリリースに伴い、新たな周辺機器も発表されました。

PlayStation®4用新型周辺機器を発表

新コントローラー、カメラ、縦置きスタンド、プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセットの4品です。

PSVR発売間近に随分色々とぶっこんできますね、SIE。これで今年の年末商戦はSIE関連製品でかなり賑わいそうですね。


と、言うわけで今回は新型プレイステーション4関連の記事でした~。

でわでわ。

 

↑このページのトップヘ