メガネなゲームレビュー

メガネが生活に必須なゲームフリークが、ゲームレビューと様々なゲーム情報をアップしていくブログだったのは過去の話。

カテゴリ: ゲーム雑記

ニンテンドースイッチの詳細情報、要所要所だけ見た。


最初に浮かんだ感想としては…

「ちょっと弱くないか?」


なぜロンチタイトルにマリオが入ってないのか?

パブリッシャータイトルも少ない。現時点でやってみたいと思うタイトルはなかった。ていうかなぜスクエニは『いけにえと雪のセツナ』を入れてきた…。 



多分任天堂の思惑としては、手軽に持ち運んで友人と対戦や協力プレイが楽しめる、ゲームツールという側面を強く押し出していこうと考えているのかな?
任天堂の出すロンチタイトルはそういう対戦モノが多いし。 

しかし日本でそういうシーンってそうあるのだろうか。

カフェや居酒屋などで親しい人と会うという交際方法は老若男女幅広く利用しているけれど、そういう環境だとスピーカーから音出せないからね。今の時代のゲームは音もゲーム内容に強く関係しているから、音が出せないと辛い。 

ストリートやガレージで仲間が集まれる欧米のほうがフィットするハードかもしれない。

持ち運びメインだとどうしてもキッズ向けハードの側面が強くなってしまうけれど、29980円(税別)はキッズ向けの価格帯じゃない。時間が経てば値下げするだろうけど。

まずは20代~30代がメインターゲット、というところだろうか。

任天堂は以前、スイッチは3DSとは差別化していくという発言をしていたので、まずは動向をじっくり伺わせてもらおう。

 

一昨日、やっと体調が回復してきたので副業を再開しました。

その前に部屋の掃除を簡単にやって、やっと新年を迎える準備を済ませました。



とっくに年明けてるけどね!!!



副業の活動ついでにブックオフに寄って、300円OFF券を持っていたので下記の2冊の攻略本をゲット。
写真 2017-01-08 0 03 52
PS版『ペルソナ2 罪』、『ペルソナ2 罰』の公式完全ガイドブック。
どちらも税込200円という安さ。まあAmazonなら1円で売っているでしょうね。

この攻略本のいいところは、まずストーリーダイジェストが記載されているところ。
写真 2017-01-08 0 04 50
ぶっちゃけこれだけあれば、もうプレイしなくても手軽にゲーム内容を振り返られますw

ペルソナ2はストーリーが重厚で面白いので、手軽に振り返る用に小説版でもないかな~と思っていたのでこれはグッド。
写真 2017-01-08 0 06 53
キャラクターの解析や設定などを見られるのもこの攻略本ならでは。
こういうキャラクターの掘り下げが見たいのであれば、『ペルソナ倶楽部』よりこっちのほうがいいです。あっちは主にファンの投稿したイラスト掲載がメインなので。
写真 2017-01-08 0 07 08
そしてメイン開発スタッフのインタビューや開発秘話なんかも読めちゃうのが堪らない。
特にディレクターの岡田さん、ビジュアル担当の「悪魔絵師」こと金子さん、そしてシナリオ担当の里見さんたちの座談は、ゲームの中身同様色々考えさせられます…。
写真 2017-01-08 0 09 36
こっちは『罰』の攻略本のキャラクター解析。パオフゥ大好き人間の私にはグッときますね。何条くんもいいなあ!! でも本当はブラウンと一緒に戦いたかった!!! 今でも「尊敬する人は?」と訊かれたら、「二次元ならブラウン」と0.5秒で即答します。それくらい好き。
写真 2017-01-08 0 11 02
メイン開発スタッフ3人によるインタビュー&座談の扉絵。『罰』らしくアダルティ。

やっぱり改めて『ペルソナ2』はいいな、と思いました。世界観もいいし、複雑なシナリオ、魅力的なキャラクター、込められたメッセージ、どれをとっても一級品のドラマなんですよね。
『3』以降のライトノベル風のエンターテイメントとはまた違った、リアルでドラマチックな味があるんですよ…。『3』と『4』も面白かったですけどね。

レビューもしてあるので、宜しければ見てみてください。


『ペルソナ2 罪』 レビュー


『ペルソナ2 罰』 レビュー



それではシュワッチ!!

 

いや、年末ですね。

やること多すぎですね。

多すぎなので、今日は開き直って友人宅に遊びに行きました。現実逃避。


そこではじめてWii Uをプレイさせて貰いました。

Wii Uってグラフィックどうこう言われてますけど、十分きれいじゃん!!

でもヌンチャクを振り回す系の運動を強いてくるのは好きじゃない。おっさんにはちとキツイものがある。マリオやっていたら腕がダルくなってきた。

でもほかのゲーム機にはない良さもあるね、そこを生かしきれば、またはサードパーティがソフトを開発しやすい環境にあればもっと別の売り方の展開もできたんじゃないかな…。

と、年末に初体験のゲーム機に触れ、想ったのでした。



あー、大掃除…やりたくねー…。
ていうか、今年は多分掃除機かけて終わりにしますw もう精神的にも肉体的にも成仏しちゃっている状態なので( ´_ゝ`)

なんせ夕方買い物にスーパーとデパートに行っただけで既に足が筋肉痛になりかけてますからね! どんだけ病弱な体してんだよ俺は! って感じですよ。

明日は今年最後の燃えるゴミの日だぁー…。
起きれるかなあ…。



Amazonゲームランキング
 

25)
艦これの記事は一応前回の「33」で終了したんですが、昨日のクリスマス、限定ボイスを聞きに久々に艦これログインしたんですよ。

そして自然回復した資材を使って、大型建造でビスマルク狙いでまわしたら…。





日向さんが出ました。





それでもまだ資材が余っていたのでもう一回まわしたら…。

















クリスマスの奇跡

降臨!!!
 



何て美しさだ! 直視できるぜ!!

これが世に聞くクリスマスプレゼントってやつかい!?

あ~体調悪いし口内炎できて痛いし、副業のほうもトラブルあるしで散々なイブ、そしてクリスマスでしたけど、これでちょっとは報われた…かな。

まあまた時間できたときに艦隊の皆の顔を見に来よう、うん。

と、いうまあある意味自慢的な報告でした。


でわでわ~。


 

SEGAアーカイブス3
昨夜、投函されてました。
『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』。

これで今年のパッケージソフト購入はお終い。

しっかしこのソフト、改めてみるとすごいラインナップ。『ターボアウトラン』、『エイリアンシンドローム』、『コラムス』、『サンダーフォースⅢ』、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』、『ガンスターヒーローズ』、『ベア・ナックルⅡ』、『アフターバーナーⅡ』、『スーパーハングオン』の9タイトル。さらに前作、前々作を持っていれば追加のゲームが遊べると言う仕様。実質11タイトルですね。

『ガンスターヒーローズ』と『ベア・ナックルⅡ』は個別ダウンロード版で持っているんですが、それでも買ってしまいました(苦笑)
残念なのは、このパッケージ版と個別販売版ではローカル通信プレイができない、っていう点ですね。あわよくば3DS持っている友人とガンスターとベア・ナックルⅡの協力プレイができるかも!? とワクワクしていただけに残念。リリースが発表になった10月末の時点でセガに問い合わせたんですが、発売前のソフトの情報なのでお答えしかねます、と。ケチ。

さて、我が家にまた積みゲーが生まれてしまいましたよ…。
しかも年末の忙しい中に!

 

↑このページのトップヘ