メガネなゲームレビュー

メガネが生活に必須なゲームフリークが、ゲームレビューと様々なゲーム情報をアップしていくブログだったのは過去の話。

タグ:SFC

ロックマンX2 1
ロックマンX2は、1994年にカプコンから発売された、スーパーファミコン用のアクションゲームです。
Xシリーズ歴代2位の約43万本(国内のみの集計)の売上を記録しました。

~ストーリー~
エックスはイレギュラーの総統であるシグマを倒すことに成功したものの、親友の「ゼロ」がエックスを救うために自爆してしまった。それから半年が経過し、エックスはイレギュラーの残党を仲間たちとともに処理していた。しかしイレギュラーの数は減らず、逆に増えていき、各地でイレギュラーハンターの基地が襲われるという事件が起きていた。
基地を襲ったイレギュラーたちは人工的に作られたもののようであり、エックスはその製造場所の情報を入手し、調査・破壊に向かった…。

ロックマンX2 2

オープニングステージ。

何でパーツ剥ぎ取られているんだよ!!?

半年前からずっと戦っているんだから装備したままでいいじゃん…。このノーマル状態でもダッシュができることがせめてもの救いです。
『ドラクエシリーズ』とかで王様が勇者を送り出すときにもっとお金くれよ、これじゃ大した装備買えないだろ! ていうか前もって強い武具用意しておいてくれよ! という矛盾と似ていますね…。まあ実際そんなことになったら「強くてニューゲーム」みたいな状態になっちゃうからつまんなくなるでしょうけど(笑)
ロックマンX2 3
怪しい…。なんと怪しい連中だ…!?
ロックマンX2 4
これが今回の8大ボス。
ロックマンXのボスって、動物や虫などをモチーフにしたものが多いですよね。これが本家『ロックマン』との大きな違いかもしれません。
最初に倒しやすいのはワイヤー・へチマールか、ホイール・アリゲイツか…と言ったところでしょうか。
ロックマンX2 5
先ほどの怪しい連中の1人(1レプリロイド)のサーゲス。
彼ら3名は「カウンターハンター」を名乗っており、それぞれがゼロのパーツを所持しています。戦闘で勝つことでそれを入手することができます。
カウンターハンターはランダムで8大ボスのステージに入り込み、専用のバトルルームでエックスを待っています。

実は3体全て倒さなくても先には進めるのですが、そうすると終盤のストーリーが変わってしまいます。アナザーストーリーを見るために最低でも2周は楽しめるということですね。
ロックマンX2 6
サーゲスは台座に立っている間の無敵時間と、空中で回転しながらリング状のエネルギー弾を撃つ攻撃を繰り返す、エキセントリックなジジイです。
私は結構苦戦しましたね~。サブタンク使っちゃいましたから。
ほかの2体は正直あまり印象に残ってないです。あまりにもこのジジイの印象が強すぎたので。よく見ると膝を抱えて回転しているように見えて、尚オカシイ奴に見えます。
ロックマンX2 7
今回のエックスのパワーアップパーツは、前回のものから改良を加えられています。
例えばフットパーツはジャンプ力が僅かに上昇し、さらに空中でもダッシュが出来るようになります。これでボス戦での回避が大分楽になりました。
ロックマンX2 8
アームパーツはエックスの両腕をバスターに変形させ、チャージショットを2発撃てるようになりました。
まず通常のチャージショット発射後…
ロックマンX2 9
もういちどショットボタンを押すことで、2発目のチャージショットを撃てます! この2発目のチャージショットは1発目より攻撃範囲が広い上、中心のエネルギー弾が2本のエネルギーの帯をまとっています。これらは別々の攻撃判定を持っているため、1発目のチャージショットと合わせると計3発のショットダメージを敵に与えることが出来ます。

まあ確かにこのチャージショットは強力で使い勝手もいいんですけど、私個人としては前作のほうがカッコよくて好きですね。

ゲーム全般に関しても、前作のインパクトが強かったのでどうしても今作は印象が薄くなってしまっています。ハードがスーパーファミコンならではの美麗でスタイリッシュなグラフィック、BGM…。全てが衝撃的でしたから。

サブタンクやライフアップなどを全て回収する為には、さらに過酷なキー操作を求められるようになり、この点はしんどかったですね。

ラストの展開は好きでしたし、スーパーファミコンでこれだけの3Dチックな映像表現ができるのか! と関心させられた部分も多かったですが。

ロックマンXはこの『2』と『4』が特に人気のようですが、やっぱり自分の中では『1』が一番好きですね。


総評:私のメガネにかないました!
流石ロックマンシリーズだけあって正当進化していました。
でも1994年のソフトでまだパスワード制というのはどうなんだろう、と正直思いました…。ファミコンの『ロックマン』と違って複雑なので、メモするの大変なんですよね。 


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。 

Amazonゲームランキング

桃鉄DX

スーパー桃太郎電鉄DXは、1995年にハドソンから発売された、スーパーファミコン用のボードゲームです。


これは中一の冬休みに部活メイト宅でプレイ映像を見て欲しくなり、その一年後に買いました。このソフトに関しては、兄とプレイした記憶がないんですよねー。いつも1人で遊んでいた気がします。
『桃鉄』シリーズはゲームボーイ版の『スーパー桃太郎電鉄』以来だったので、内容の進化ぶりに驚きました。

桃鉄DX1

何と今作ではCOMがキャラクターになっています。しかも、それぞれ強さを表す段位が異なり、プレイスタイルも異なります。例えば「きじた」なら赤マスでも突っ込む猪突猛進型、「かぐや姫」ならあらゆる手段を使って貧乏神を擦り付けてくる、などです。

桃鉄DX2

今作は前作『Ⅲ』から新たにマップを描き直し、駅の数が増えました。
物件駅は全95駅あり、そのうち今作で初登場になった駅は、画像の倉敷を含め14駅です。

ほかにもカード売り場は全部で19駅、キングボンビー対策のロボット研究所駅は4駅、入ると所持金が0になる代わりにワープできるワープ駅が4駅です。

マップの色は春から夏は緑、秋は赤や黄金色、冬は青くなります。
またマップ上のオブジェもアニメーションで動くようになっています。

桃鉄DX3

今回は目的地が海外になることも。ハワイになった場合は、1着で到着した際の貰える金額が通常の2倍になります。

また、同じプレイヤーが連続で1着を決めると副賞としてカードが貰えます。

桃鉄DX4

カードの種類も大幅に増えました。『~歩進めるカード』はお馴染みですが、地方名が入ったカードや、ピンポイントでその駅に移動できるカードなど、移動系が充実して見えます。

あと怪獣が出現したときに戦ってくれる『モモタロマンカード』や、『金太郎カード』なんていうのもあります。これは前作からかな?

桃鉄DX5

桃鉄と言えばイベント。
今作ではゲームボーイで遊んだ頃の数倍のボリュームのイベントがありました。

お約束の物件が評価されての臨時収入はもちろん、豊作、不作で臨時収入になるか臨時出費になるかの農林水産系イベントや…

桃鉄DX6

中にはこんなイベントも! もちろん収入に繋がります。

桃鉄DX7

プレイヤーが有利になるイベントだけでなく、マイナスイベントも増えました。
火山の噴火によって、最寄の駅の物件が壊滅状態になったり…

桃鉄DX8

怪獣が現れて町を破壊したり。これは前からあったかな?
ここでモモトラマンカードや金太郎カードを使ってスタンバイしておけば、戦ってくれるんですけどねぇ。勝敗はまた別の話になりますが(笑)

スリの銀二も今回はカードにもなって悪事を働きます。5億返せ!!

桃鉄DX9

今回貧乏神は3種類の変化を見せてくれます。いや見せなくていいんですけど。
食品・農林物件を食べてしまう「コマルン」や、小額の小遣いをせびってくる「ミニボンビー」。


そして…

桃鉄DX10

キングボンビー!!

今作が初登場ではないようですが、初めて目にしたときにはその禍々しい鬼畜の所業があまりに凄まじく、貧乏神の行いが可愛く見えるほどでした。

『サイコロを2個ふって出た目の合計数の物件を捨てられる』や、『サイコロを10個振って出た目の合計数に応じた金額の持ち金を捨てる』など、とにかくやることがエグ過ぎ!!

こいつ出たせいでCOM戦で負けた、なんてこともありました。プレイ年数を短く設定していると、余計リカバリーが大変。

出現したら陸どころか海まで燃えるってどういうコト!?

桃鉄DX11

対キングボンビー用ロボットやメカを持っていれば戦わせることもできますが、もちろん性能がいいものほど高価。
お金が貯まったら物件よりもこっちを買ったほうがいいのかもしれませんね( ̄▽ ̄;)



ゲーム全般においてかなりパワーアップしていて、暫くは楽しくプレイ出来ました。
COMも強くなっていましたし、キングボンビーの存在のせいである程度有利になってもすぐひっくり返される緊張感がありましたから。

でも1人プレイでは流石に早めに飽きました(^^;
99年プレイが終わった後はやることがなくなってしまって、放置状態となりました。

やっぱり桃鉄は対人対戦やってなんぼですね。


総評:私のメガネにかないました!
ゲームボーイ版よりも確実に楽しい方向に進化したな、と思いました。
一方でキングボンビーの行いはもうちょっとマイルドでもいいのでは…とも思いました。

年末年始は家族、友達揃って桃鉄! という時代がちょっと懐かしいです(*´∇`*)


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

Amazonゲームランキング

超悟空伝 突撃編

ドラゴンボールZ 超悟空伝 -突激編-は、1995年にバンダイから発売された、スーパーファミコン用のアドベンチャーゲームです。公式では「プレイングコミックス」という独自のジャンル名をあてがわれました。開発はトーセが担当しました。

今作はそれまでのドラゴンボールゲームと違い、できるだけ原作に沿った台詞やストーリーが再現されているのが特徴です。孫悟空の視点から、彼の少年期の冒険を追体験できる作品、という訳です。


超悟空伝 突撃編1

このゲームでは、プレイヤー自身に名前を設定し、更にゲームの進捗を競い合う「ライバル」、「イヤミなやつ」、「子分」、そして要所要所でゲームのアドバイスをくれる「情報屋」の名前を設定します。

各キャラクターの進捗度合いはスタートボタンのメニュー画面で確認できます。

超悟空伝 突撃編2

ゲームの始まりは孫悟空とブルマの出会いから。
このアドベンチャーパートでキャラ同士の掛け合い、移動、イベントなどが起こり、ストーリーが進みます。

途中、行動の選択肢が出てくる場合があり、原作通りの行動を選ぶと後で新しい技を覚えたり、後述する体力と戦闘力が上がったりします。

超悟空伝 突撃編3

正しい選択肢を選ばないと、話が原作通りに進まなくなる場合もあります。
ここでは「亀を海まで連れて行く」の正解選択肢を選んだので、原作通り亀が亀仙人をつれてきてくれました。亀仙人からここで筋斗雲が貰えます。

超悟空伝 突撃編4

戦闘パート。
悟空と敵とのタイマンでの勝負となります。二人とも始めは離れた位置にいますが、少しずつ前進します。
このとき、LとRボタンを押すことで戦闘力を高めることが出来ます。戦闘力が高まると、前進のスピードが速くなり、攻撃力も上がりますが、戦闘力を上げている間は無防備状態となります。

超悟空伝 突撃編5

攻撃できる位置に達すると、悟空の体が光ります。この状態でA、B、Yの各ボタンと十字キーに割り振られた技を選択することで、敵を攻撃します。

超悟空伝 突撃編6

この技は通常技のパンチ。
各ボタンはYはパンチ技、Bはキック技、Aは必殺技に割り振られています。ボタンを押すだけのニュートラル入力も含めて、それぞれ5種類の技が出せるように設定されています。

超悟空伝 突撃編7

当然敵も攻撃してきます。その際は、Xボタンに割り振られている「防御技」で防御します。
ガードにも複数種類があり、キックとパンチの攻撃を防ぎ、それ以外の技の威力を半減させる「ガード」、ダッシュ系攻撃を回避する「とびのく」、キック、パンチ、飛び道具を防ぐ「如意棒ガード」、連続攻撃を防ぐ「連続攻撃ガード」など多数あります。
相手の技に対して適切な防御技を入力するとダメージを回避できますが、そうではないものを入力すると、入力した防御技によってはモロにダメージを喰らってしまいます。

相手の攻撃は、相手の体が光った瞬間に相手の名前の横に表示されるので、それを見て瞬時に防御技を入力することになります。
慣れない内は入力のタイミングがシビアで、よくヤムチャにボコボコにされていました(笑) 狼牙風風拳強いんですよ…。


超悟空伝 突撃編8

ゲームが進むと悟空は新たな技を覚えます。
覚えた技はそれぞれ十字キーの好きな方向に設定し、次回の戦闘から使えるようになります。

私はパンチ技の「スマッシュパンチ」と必殺技の「気孔波」が好きで良く使っていました。スマッシュパンチは連続技の分類に入るのに、敵の連続技ガードを突き破ってダメージを与えられるので最後まで重宝しました。気孔波は「かめはめ波」よりも溜め時間が短く、さらに敵にガードされる確率が低いのでかなり使いやすかったですね。


このゲームのストーリーはブルマとの出会いからピッコロ大魔王討伐までとなっています。それ以降の話は続編の『-覚醒編-』に引き継がれます。私はそっちは未プレイですが。

このゲームは選択肢やイベントを原作通りにこなすと、全ての技が覚えられるのですが、私はどうしても「亀仙流最終奥義」だけは覚えられませんでした。原作も攻略本も無かったので、色々試行錯誤して5周位トライしたのですが、結局覚えられませんでした…。
インターネットが普及した現在になって、何が原因だったのか分かりました…(≡ω≡.)

プレイ時間は特に詰まるところがなければ約7時間ほどでクリアできます。
プレイ時間が短めなのと、BGMが良曲が多く、戦闘システムが中々面白かったので周回プレイもあまり苦になりませんでした。


総評:私のメガネにかないました!
このゲームのお陰でドラゴンボールのストーリーを覚えられましたね。小さい頃見ていたアニメの再放送は内容をほとんど覚えていなかったので…。ピッコロ戦は燃えました。
ドラゴンボールのゲームの中では良作の部類に入るゲームだと思います。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

Amazonゲームランキング

がんばれゴエモン3

がんばれゴエモン3 獅子重禄兵衛のからくり卍固めは、1994年にコナミから発売された、スーパーファミコン用のアクションアドベンチャーゲームです。
後にアクションパートの1面やゴエモンインパクト戦などを収録したアプリが携帯電話向けにリリースされました。


このソフトは中3の頃に『4』と一緒に、部活が一緒だった友人から貰ったものです。何て気前のいい…。『4』は難しくてクリアを断念しましたが、これは最後までプレイできました!

~すとーりー~
もの知りじいさんが新たに発明した「たいむましん」。その実験で、じいさんが未来の江戸へ行き、未来の女性を追い掛け回していたところ、エビス丸そっくりの「シスター・ビスマル」に捕らわれ、さらにタイムマシンを押収されてしまいます。
その様子をモニターで見ていたゴエモンとエビス丸は、じいさんの「サスケの元へ行け…」という言葉に従い、じいさんを助ける手がかりを得るため、伊賀へ向かいます。

がんばれゴエモン3 2

このゲームは買い物や情報収集ができる町エリアと、横スクロールアクションエリアの大きく2つのエリアに分かれています。

また、2人同時プレイが可能で、その場合はライフと残機数を2人で分け合うことになります。アクションエリアでは、1人が「ひょうたん」に入り、プレイを1人に任せることもできます。足場が悪いところが多いので、2人でやると足を引っ張ってしまう場合は素直にひょうたんになったほうがいいですね。私は全部1人プレイでクリアしましたが(≡ω≡.) このゲームは兄とはやらなかったんですよね。


がんばれゴエモン3 3

アクションエリアではコミカルな敵がわんさか出てきます。
組み体操形式で波動拳みたいな技を撃ってくるサスケもどきや、短刀でジャンプして襲い掛かってきて、避けると短刀が床に刺さって動けなくなる敵など、ユニークな敵ばかりです。

がんばれゴエモン3 4

このゲームのアクションエリアでは、謎解き要素がかなり用意されています。この場所は、ゴエモンのサブウェポン、「小判」をチャージした「貫通小判」を使ってスイッチを押すしかバリアを解除する方法はありません。

がんばれゴエモン3 5

伊賀で仲間になる「サスケ」。もの知りじいさんの発明したからくり忍者で、常にダッシュ状態で移動できるという特徴を持っています。
装備している「くない」で敵を切り倒すときの、「キュイッ!」という小気味良い効果音がたまらなく好きでした。でもリーチ短いんですよねー。物語後半でその弱点はカバーされますが。

スケベなもの知りじいさんが関連したエリアなので、凧を使って襲ってくる敵を倒すとこんな文字が(笑)

がんばれゴエモン3 6

「ヤエ」は江戸の平和を影から守る「秘密特捜忍者」のくの一です。装備している刀はサスケのくないと同じ効果音がします。しかもリーチがくないより長い!
サスケ同様常にダッシュ状態なので、使いやすいキャラです。専らヤエを使ってましたね。

また、アクションエリアでは、上述したバリアの例のように、先へ進んだり特殊アイテムを拾うために、決められたキャラのサブウェポンが必要になる場合があります。ここは誰を使えばいいんだろう?と考えながらプレイするのも楽しかったですね。
ゼルダの伝説より簡単な謎解きでしたし…( ´_ゝ`)

がんばれゴエモン3 9

もの知りじいさんの発明した「からくりうぉーかー」。イベントでこのように、後ろから迫ってくる巨大な敵から逃げるシーンもありますが、後々町エリアでも搭乗できるようになります。
このイベント1人で捌くの結構しんどかったですね。必ず誰かダメージ受けてました。

ていうか、

「魔○アーマー!!?」



と思ったのは私だけではないはず…。火とか液体窒素とか出すし…。


がんばれゴエモン37

ゴエモンインパクトステージ。強制横スクロールで、画面に現れる小物どもを次々にインパクトのパンチや小判でなぎ倒す、正に男の夢のステージ。
ここも慣れない内は無駄にダメージ受けてしまい、ステージクリアボーナスがショボクなって、次のインパクト戦がきつくなることが多かったです。

基本はアッパーで空中の敵を落として、あとは木の陰に隠れているヤツに注意すればなんてこともないんですけどね。

がんばれゴエモン3 8

そして続けてゴエモンインパクト戦へ。
敵のからくりロボと一騎打ちをするわけですが、これがまた操作に慣れないとしんどい! どのボタンでガード、攻撃、小判発射、大技のキセルボム発射か身についてないと、てんやわんやであっという間に負けます。何度始めのゴエモンインパクト戦で負けたことやら…(´;ω;`)

でも決して理不尽な難易度ではなく、ここも慣れると結構余裕で敵をボコボコにできるようになるんですよね。終盤の敵は強かったですけど。


このゲーム、実は今になってエンディングが2通りあることが分かったんですが、当時攻略本持っていない人で知ってた人はいたんでしょうか。

まー、とにかく終始コミカルなテイストで楽しませてくれたゲームでした。登場キャラクターも変な人ばかり。それだけでなく、肝心なアクション部分もや町の探索部分もちゃんと練りこまれていました。
色々な遊びが詰め込まれた、贅沢な一本だったと思います。


総評:私のメガネにとてもかないました!!
私はゴエモンと言われると、いまだにこの『3』のイメージがまず頭に浮かびますね。
ファンの間では『2』こそ至高! という意見が多いですが、私は『2』はやったことないんですよね。機会があればプレイしてみたいと思います。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

Amazonゲームランキング

ロックマンX

ロックマンXは、1993年にカプコンから発売された、スーパーファミコン用のアクションゲームです。後にPCにも移植されました。また、リメイク作としてPSP用ソフト『イレギュラーハンターX』が発売されました。

このゲームは『ロックマン』の世界からおよそ100年後の世界が舞台となっています。人間と共存していたロボット「レプリロイド」達が突如人間たちに反旗を翻し、世界はパニックに陥ります。人間と敵対したレプリロイド「イレギュラー」を倒す、イレギュラーハンター「エックス」が、相棒の「ゼロ」と共にイレギュラーの総統である、かつての上官「シグマ」を倒すまでを描いたゲームです。

ロックマンX1

今作はハードがSFCだけあって、映像レベルは勿論、効果音もファミコンでは出せなかったレベルの小気味良い音を奏でます。
バスターを撃つときの「チュンチュン」という音がエコーがかかっているかのように耳に残り、スタイリッシュな印象を与えてくれます。

ロックマンX2

親友の「ゼロ」。彼は特A級ハンターですが、エックスはB級ハンター。序盤のステージで登場する、かつての同僚「ヴァヴァ」にも負けそうになってしまいます。
しかしエックスは倒した相手の能力を自分のものにできる上、パワーアップパーツによってこれから強くなる可能性を無限に秘めています。それに賭けると言い残し、先にシグマのアジトを探りに行くゼロ。

ロックマンX3

今作のボス選択画面はこんな感じ。
それぞれ4隅にある項目を選択すると、センターモニターに移る情報が変わります。右下の「ROCKMANX」だけは、8体のボスを全て倒したときのみ反応します。

ファミコン版ロックマンと同じく、このボス達にも弱点設定があります。また、ボスを倒しステージをクリアしても、エックスをパワーアップさせるために、再度訪れる必要が出てきます。

ロックマンX4

今作の新アクション、「壁蹴り」。壁に向かってジャンプボタンを押すことで、どんどん上へ壁を蹴って上がっていけます。また、壁から落下するときに、壁に接触しながら壁方向の十字キーを押すことで、ゆっくりと降りることが出来ます。

このアクションが追加されたので、例えばボス戦でも壁を使った画面上部での競り合いができるようになり、プレイの幅が広がりました。

ロックマンX5

VS「ストーム・イーグリード」。ボスの名称も「~マン」ではなくなり、ボスの能力と見た目の特徴を現すものに変わりました。

ライフの値に注目。エックスのほうが上限が少ないです。エックスは各ステージに隠されたパワーアップパーツやアイテムを取得することにより、ライフや能力が上がっていきます。

ロックマンX6

これがライフの上限を上げる「ライフアップ」。全部で8つ隠されています。ほかにも、ライフ満タン時に余剰に回復した分のライフをストックできる「サブタンク」が4つ隠されています。

ロックマンX7

氷を操る「アイシー・ペンギーゴ」。氷像を造ってエックスにぶつけるほか、雪を降らせて視界を悪くさせます。
ですが、今作の一番倒しやすいボスです(笑)

ロックマンX8

ステージの中には、このようなライト博士のホログラフが映し出されるカプセルが設置されているところがあります。
エックスを造ったのはライト博士で、ロボット達の反乱が起こったときのことを予見してエックス専用のパワーアップパーツを残していました。
このカプセルに入ると、対応したエックスの体の一部が強化されます。
ここではフットパーツが手に入り、ダッシュ移動ができるようになります。

ロックマンX9

エックスが全てのパーツを集めると、このような姿になります。ヘッドパーツで特殊なブロックを破壊可能になり、ボディパーツで防御力が上がり、フットパーツでダッシュが可能になり、そしてアームパーツでチャージショットが強化されます。真後ろにも攻撃判定のある衝撃波が生じ、前方には複数の弾が放たれます。
このパワーアップチャージショットは雑誌などでは見たことはありましたが、実際にプレイして出すとメチャクチャかっこよかったです!! シューティングゲームのように飛んでいくショットの連弾でザコ敵を倒すのは爽快の一言でした。

また、アームパーツを手に入れると、このチャージショットのほかに、特殊武器のチャージもできるようになり、中には特殊な形状に変化するのもあるのが面白かったですね。

そして、有名な隠し技の「波動拳」もシグマステージ攻略時には心強かったですね~。ライフ満タン時しか出せないので、なかなか使いどころが難しかったですが(^^;)


ファミコンやゲームボーイのロックマンとは違った、シリアスでスタイリッシュなこのロックマンも味があり、面白かったです。ハードがSFCになってボタンが増えたせいもあって、ちょっと操作がキツイアクションを求められる場面が何箇所かあり、難易度は高かったです。


総評:私のメガネにかないました!
攻略本なしでは全てのパーツやパワーアップアイテムを見つけることはできなかったので、この評価にしました。
ダッシュボタンがAだとダッシュしながら武器チャージができないので、コンフィグでRかLに変更したのは私だけではないはず…。


当ブログをご覧頂きありがとうございました!

それでは また。

Amazonゲームランキング

↑このページのトップヘ